2009年9月27日 (日)

Kauai Vol.12 ~ 海よ 永遠に・・・

 

 

      Img_1430

 

やはりハワイは、ビーチですね

カウアイ島と違って、天候も落ち着いているオアフ島
たくさんの人が訪れる理由がよくわかります・・・・

 

 

 

 

 

Img_1434

 

皆さんもご存じと思いますが
ワイキキビーチは実は人工のビーチなんです
もとは湿地で大量の砂を埋めて作られているんですね

ここアラモアナビーチはどうなんでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1433

 

日差しが照りつけます・・・・

 

 

アラモアナビーチはショッピングセンターが近いのに
人が少ないのがいいです
面白いことに、日本人も少ないんですねえ

やっと、”非日常の中の日常”に戻ることができました
3人でボケボケしています・・・・

 

 

 

 

 

Img_1438 

 

ああ、なんて美しい空と海でしょう

なんか、すぅ~と吸い込まれていくような感覚って
きっとこういう風景をいうんでしょうね・・・・

 

 

 

 

 

        Img_1432

 

6泊8日のハワイの旅もいよいよ終わりです

たいへんな旅ではありましたが
娘も元気になってくれたことですし、良しとしましょうか・・・・

 

 

 

 

Img_1439

 

母なる海

昨年、パースで見たインド洋をも思い出させてくれます・・・・

 

 

永遠とも言える広がりを見せてくれる海
あの向こうには何があるのか
古の人が遠いその向こうに馳せた夢・・・・

知識としてだけは持ち合わせている現代人でさえも
実は何も知らない存在であることを感じさせてくれる海・・・・

 

 

気がつくと、娘は靴を脱いで波打ち際で遊んでいます・・・・

 

 

 

 

Img_1446

 

さあ、そろそろ空港に戻らなければいけません

名残惜しいのですが、現実が待っています

 

うん
こんな旅があるから現実もまた違う意味で楽しいもんですし
そんな現実の後で、また旅に出ると
人生もより豊かなものになるんでしょう・・・・

 

 

 

 

 

Img_1457

 

空港行きの市バスに乗り込みました

あと数時間後に、私たち3人は機中の人となります・・・・

 

 

長らくお付き合いいただきありがとうございました
カウアイ記、これにて終章です

 

さあ、次回はどこに行こうかなあ・・・・

  

2009年9月26日 (土)

Kauai Vol.11 ~ ぷ・れ・ぜ・ん・と

 

 

       Img_1104

 

日本ではあまり見ない色の睡蓮ですね

ハワイらしくカラフルでいいのかもしれません・・・・

 

 

 

 

 

Img_1421

 

二週間も間をあけてしまうと、皆さんも
どこにいるの?的な感覚だと思います

そう、何のアクティビティにも参加せずにカウアイ島を後にする
そんな場面からでしたね

ちょとした贈り物が用意されていた
なんて、少し期待をもたせたままでいたのですね

 

たいへん申し訳ありませんでした・・・・

 

 

 

 

 

Img_1112

 

ホノルル市街にいます・・・・

 

 

そうなんです

娘とあまりブラブラもせずに帰国すると思いきや
今回の旅は、ホノルルで半日過ごせるスケジュールだったのです

空港でそんな時間をつぶすのはもったいない

 

予期せぬ贈り物をもらった感覚で
家族3人、ホノルルぶらり旅です・・・・

 

 

 

 

Img_1425

 

空港から市街まで意外と距離があるのですが
私どもが往復の足として選んだのが単なる市バスです

旅行客は殆ど使わないので、日常生活を送る市民の姿を垣間見ることができます

 

Img_1107

 

ここでちょっとしたアクシデント勃発・・・・

 

運賃は確か3人で数ドルだったと思うのですが
10ドル紙幣しかなく、運転手は両替できないと言います

そこで仕方なく、乗客に向かって英語で
「10ドル紙幣を両替できる人いませんか?」と聞いたのですが
皆な首を振るばかり

どうしようかなあ 釣りはいいか、と思いだしたとき
後ろの方から日本語で「私、あるかもしれません」と
一人の女性乗客が声をかけてくれました

財布を開くと丁度10枚ぐらいの1ドル紙幣があって換えてくれました

服装からみて、地元で暮らす方のようでしたが
私たちを日本人旅行客とわかって話しかけてくれたようです
 
なんにしても良かった良かった・・・・

 

 

 

 

       Img_1428

 

途中、面白そうなマーケットもありましたが
目的地はアラモアナにしました
まあ、買い物もできるし、ビーチも近いので

ワイキキは人ごみで溢れかえっているでしょうから・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1448

 

ショッピングセンター内はやはり日本人が多かったです

まあ、私も日本人ですから文句は言えませんが
「きゃあ~、これ、まじ可愛くない?」
などと、例の独特のイントネーションで日本語がそこかしこから聞こえてくると
”日常の中の非日常”に逆戻りした感覚に陥りますね・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1449

 

まあ、それでも娘との買い物は楽しいものです・・・・

 

娘はROXYの変わったデザインものが欲しかったようで
結局安売りしていた靴を買ってあげて喜んでいました
 
20ドルもしませんでしたから、可愛いものです・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1445

 

最後はやはり、青い空と海でしょう

それが皆様へのプレゼントになればいいなと思っています・・・・

 

アラモアナビーチに向けて歩き出しました
 
次回、最終章となります・・・・

 

2009年9月 7日 (月)

Kauai Vol.9 ~ 災難は突然に(2)

 

 

 

Img_1270

 

着いた病院はかなり大きめなもの
ああ、これなら大丈夫だろう、なんて思ったのが大間違い

 

中に入ると、無数の窓口がある
「緊急患者用の窓口はどこですか?」と聞いても要領が得ない

あっちだ、こっちだと言われて
だんだん様子が分かってきた・・・・

 

これは日本で云う「クリニックファーム」なのだ
総合病院のような建物のなかに
それぞれが独立したクリニックが軒を並べる
 
よく見ると動物病院の窓口まであるし・・・・

 

結局、緊急患者用の病院(エマージェンシー・ルーム)は
そこから外に出たところにある別の棟だった・・・・

 

 

 

 

 

 

       Img_1267

 

幸いにも待合室に患者はおらず
症状を伝え、妻と娘をすぐに診察室に入れ
私は手続きに・・・・

 

なんと、ここでもひと悶着

これは私が悪いのだが
最近、海外旅行傷害保険はインターネットで簡単に申し込める

そこで、昨年のオーストラリアの時と同様
出発ギリギリに申し込んだ

そうすると、英語表記を並列している証券が日本出発までに届かず
パソコンから日本語で簡単に書いたものしかアウトプットされない・・・・

 

 

 

 

 

Img_1268

 

日本同様、保険がないと大変バカ高い診察料が必要になるため
病院も保険がないと診察してくれない
日本語のペーパーを見せたところで
そんなものは紙くず同然

結局、そこが損保会社の提携先医療機関だったから
現地サポートデスクから英語で記した契約内容を
FAXで病院に送ってもらうことで了承

これで、やっと私も診察室に向かった・・・・とまあ、こんな感じだったのです

 

 

 

 

 

 

       Img_1307

 

診察室に入ると、妻が浮かない顔

「やっぱりテクニカル・ターム(専門用語)がわからないので、
外部の通訳を使って症状とかを説明するしかないの・・・・」

まあ、料金は保険会社払いだし、医者がそう言うならそうしよう、ということで
三者が喋れる専用の電話の前に行き
医者と妻と電話の向こうの通訳の三人で
症状や既往症などについて20分ぐらい会話・・・・

 

その後、ようやっと診察が始まり
「症状とか診た感じではインフルエンザではないと思うが
念には念を入れて検査をする」、と言われ
娘は鼻の奥に綿棒を突っ込まれて痛がっていた・・・・

 

 

 

 

 

Img_1346

 

それから待つこと一時間

 

結果は白!

 

但し、検体はホノルルに移送し
本当にインフルエンザではないかどうかを確認する必要がある、というので
3~5日後にもう一度連絡をして来い、とのことでした・・・・
(結局連絡はしませんでした。
だって、そこで「インフルエンザでした、それも新型です」なんて言われたら
日本に帰れなくなりますからね・・・・)

 

あ~、疲れた
でもインフルエンザでなくて良かった良かった

ずっと心配そうだった娘もだいぶ落ち着きました・・・・

 

 

 

 

 

Img_1272

 

外の薬局で処方箋に従い薬を買って
(保険がないので、なんと100ドルもかかったcoldsweats01
夕方近くにコンドミニアムにたどり着きました・・・・

 

インフルエンザではなかったけれど
娘の熱は次の5日目の朝も下がらず
逆に38度まで上がることになりました
 
でも、考えてみると、今までも娘は38度まで上がって
次の日にケッロっと下がるのが常だったので
とりあえず安静にさせていました・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1394

 

娘は6日目の朝に平熱に戻りましたが
翌日は早朝カウアイ島を出るので
ぶり返しを恐れた私どもはその日も娘を安静にさせていました・・・・

 

 

 

私が、帰国直後に「人生是勉強也」と申し上げたことの顛末は
以上のとおりなんです・・・・

 

従って、予約していた
 
○ワイルア川カヤッキングツアー
○ナ・パリコースト・サンセットツアー
○ルアウショー(ハワイの伝統的なショー)
○4WDアドベンチャーツアー
○シダの洞窟ツアー
 
は全てキャンセルweep

 

人生いろいろ、ですね・・・・あはは

 

 

 

2009年9月 6日 (日)

Kauai Vol.8 ~ 災難は突然に(1)

 

「喉が少し痛い・・・・脇腹もちょっと・・・・」

 

3日目の朝、娘が起きてきてそう呟きました
これが悪夢の始まりでした・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1288

 

体温を計ってみたら36度6分
まあ普通でしたから
「大丈夫、大丈夫」と言いながら
ワイルア川を遡る
午後からの『シダの洞窟ツアー』に出かけました・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1213

 

モールでランチを食べて、さあ行こうかと思ったら、娘が
「37度2分になっている・・・・」と体温計を指して言います

これはまずいな、と思い
とりあえず今日は様子を見ることにして
『シダの洞窟ツアー』に参加するのを止め
コンドミニアムに帰ることにしました・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1302

 

戻って、日本から持ってきた風邪薬を飲ませ娘を寝かせます

 

「もしかしたら、もしかするかしら」
「ん? 新型インフルエンザ、という意味?」
「だとすると日本に帰れるのかなあ」
「今は空港では隔離はないけど、登録された上にニュースになるかな・・・・」

 

 

 

 

 

       Img_1331

 

娘は慎重な性格で
空港や機内ではマスクをつけていましたし
携帯用の消毒ジェルを絶えず使ってましたから
こんなに早く症状が出るのもおかしいし
たぶん違うとは思ったんですがねえ・・・・

 

そんなことを言いながら
その日は就寝です・・・・

 

 

 

 

 

 

 

Img_1120

 

翌朝・・・・

願いもむなしく、娘の体温は37度7分
食欲は十分ありましたから
ビタミンや水分を十分摂らせて、最後の風薬を飲ませて寝かせました

さあ、どうしよう・・・・

 

「インフルエンザだったら、すぐ医者に診せてタミフル飲ませないといけないわ」
「でも、アメリカはホームドクター制で、緊急の患者は予約できないから
待合室で待たされるかもしれないしなあ・・・・」

 

 

 

 

Img_1223

 

海外旅行傷害保険の緊急サポートデスクがホノルルにありましたから
そこに電話してみると
カウアイ島には緊急患者を見てくれる提携先の病院が
リフエ空港の近くに一件だけあるとのこと
 
「但し、日本語は全く通じないですよ・・・・」

 

30分ぐらい妻と相談して
お昼に熱が下がっていなかったら
その病院に行こうということにしました・・・・

 

 

  

 

 

  

 

 

Img_1285

 

そして、お昼に体温を計ったら、やっぱり37度台の後半・・・・crying

 

 

 

カウアイ島4日目の午後

 

tomato一家は空港近くの病院目指して、ひたすら車を走らせています・・・・

 

(to be continued)

 

2009年9月 4日 (金)

Kauai Vol.7 ~ Break Time

 

Img_1215

 

お馴染みのブーゲンビレア

これもいたるところで咲いています
ちょっと変わった色のがあったような気が・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1106

 

ここらで、ちょっと Break Time
コーヒーなんぞ如何でしょうか・・・・

 

 

 

 

 

 

       Img_1334

 

ハワイのコーヒーと言えば
やはりハワイ島のコナコーヒーなんでしょうが
実はカウアイ島のコーヒーの方が生産量は多いそうです

ここはそんなカウアイ島のメーカーの一つ
「カウアイコーヒー」が経営するショップです・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1337

 

一面のコーヒー畑の中にショップはあります
 
カウアイ島は雨が多いので
コーヒー豆の栽培には適しているのだとか・・・・

 

 

 

 

 

Img_1335

 

色々な種類がありました。
それらをテイスティングできるコーナーです

私はあまりコーヒーが好きな方ではないので
正直良くわかりませんでしたが
妻に言わせると、やはりオーソドックスなタイプが一番美味しいようです・・・・

 

 

 

 

 

 

       Img_1338

 

コーヒーの香りは好きです

ですから飲まなくてもショップのなかにいるだけで十分
匂いにも何か癒しの効果があるようですねえ・・・・

 

 

 

 

 

 

       Img_1336

 

コーヒーの畑は意外と海に近いところにありました

海を眺めながら
コーヒーの香りに酔いしれています

とってもいい気分です・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1187

 

さて、カウアイ記も長くなってきました
いよいよ、クライマックスを語らざるを得ませんね

引っ張ってしまって申し訳ないのですが
次回までのお楽しみに~・・・・

 

    

2009年9月 2日 (水)

Kauai Vol.6 ~ Bird of Paradise

 

 

 

 

      Img_1293

 

極楽鳥花、Bird of Paradise です
ここカウアイ島でもいたるところに咲いていますね・・・・

 

 

 

 

 

Img_1358

 

ん?

 

 

 

 

 

Img_1359

 

え?

 

 

ってな具合に、カウアイ島のいたるところには極楽鳥・・
じゃなくて鶏がいるんです

 

放し飼い状態で、本当にいたるところに・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1369

 

詳しい話は知りませんが
昔から野生の鶏もいるにはいたようですね

ただ、17年くらい前にカウアイ島を襲った大型ハリケーン災害で
飼育されていた多くの鶏が畜舎の外に投げ出されたようです・・・・

 

 

 

 

Img_1368

 

それらが野生化して今に至っているようですね

日本で言えば、鳩のような感じで
慣れてはいませんが、餌は欲しがります・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1260 

 

ですから、夜明け前になると
一斉に雄鶏がコケコッコー(じゃなくて、クックドゥードゥルドゥー、か)
を始めるんですよ

 
そこらじゅう、いたるところで・・・・

 

 

 

 

 

Img_1188

 

部屋にエアコンはありませんから
窓は夜も開けっ放し

だから、雄鶏の鳴声はいい目覚まし代りなんですけどね・・・・

 

 

 

 

 

Img_1352

 

他にも綺麗で可愛い鳥がたくさんいました
まさに、Bird of Paradise・・・・

 
でも、この鶏の多さには正直びっくりものです

  

不思議なところです
カウアイ島・・・・

 

2009年8月30日 (日)

Kauai Vol.5 ~ 一日の終わりの贈り物

 

 

 

Img_1276

 

シャワーツリーです
 
花がシャワーのように降り注ぐ形で咲くことから命名されています
大きく育つため、街路樹としてハワイのいたるところで見ることができます・・・・

 

 

 

 

 

Img_1371

 

どんなに楽しかった日にも
必ず終わりがきます

だけど神様は
その日の最後に素敵な贈り物を残していってくれるのです・・・・

 

 

 

 

 

Img_1376

 

ちょっとお腹がすきましたので
早めではありますが夕食にします

ポイプビーチで唯一のビーチレストラン「ブレネッキーズ」で・・・・

 

 

 

 

 

Img_1229

 

窓際でシーフード料理を中心にいただいています

料理の写真は撮っておりませんが
アメリカ料理らしく、量が多くて大味なものでした

さて、窓の外を見るとそろそろ贈り物の時間ですね
出ることにしましょう・・・・

 

 

 

 

 

Img_1372

 

どれだけ楽しんだのでしょうか
シャワーを浴びる影にもちょっと名残惜しさが感じられます・・・・

 

 

 

 

 

Img_1235

 

浜辺には着替えた人が三々五々集まってきています

世界中のどこででも見れる風景ですね
平和であればこそ、です・・・・

 

 

 

 

 

Img_1388

 

おやおや、まだ海の中にいます

水はやはり温めですから
この時間でも耐えられるようです

波間に漂いながらの眺めもまたいいものなんでしょうね・・・・

 

 

 

 

 

Img_1251

 

娘も、その瞬間を前にはしゃいでいます

波うち際はまた、格好の遊び場なんですね
寄せては返す波と戯れる・・・・

 
娘が歩きだした頃に海に連れていって
波うち際で一緒に遊んだことを思い出しました

あの頃に比べれば身長も3倍以上になっています
子供の成長は本当に早いものですね・・・・

 

 

 

 

 

Img_1243

 

ポイプビーチは南向きなので
どうしても遠く西側を望む形になります
カウアイ島は雲が多く
この辺りが限界かもしれませんね
 
しかしそれでも十分な、一日の終わりの素敵な贈り物です・・・・

 

静かに静かに見つめています

潮騒の奏でを耳にしながら
ゆっくりとした時の流れを感じながら・・・・

 

 

 

 

 

Img_1402

 

ブレネッキーズは超満員の勢いです

待っている人もカウンターでグラスを傾けながら談笑している
海辺ならではの穏やかな風景・・・・

 

 

さあ、私たちは部屋に戻るとしましょう

今日も三人無事一日を過ごせたことに感謝しながら
一日の最後に素敵な贈り物をもらえたことに感謝しながら・・・・

 

 

 

 

 

       Img_1247

 

背後では潮騒の奏でが
何事もなかったかのように続いています

 

これからもずっと
絶えることなく
 
永遠に・・・・

 

2009年8月29日 (土)

Kauai Vol.4 ~ 緑の大地

 

 

 

Img_1140

 

ホウオウボク(鳳凰木)です
日本では沖縄にもありますよね・・・・

 

      Img_1147

 

炎のように燃え上がる赤い色や形が
青い空にマッチしています

マダガスカル島原産ですが
ハワイにもピッタリの花と言ってもいいでしょうね・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1314

 

ハワイ諸島は火山島ですから
山肌はゴツゴツしています

比較的新しいハワイ島は未だに火山活動が活発です・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1304

 

このカウアイ島はハワイ諸島では一番古く
また降雨量も多いため
自然豊かな緑の大地となっています・・・・

 

 

 

 

 

      Img_1152

 

恐らく、このワイメアキャニオンも
緑の大地が長い年月を経て
風雨により侵食された結果できあがったものなのでしょう・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1179

 

1000メートル級の絶壁断崖が海にそそり立つ
島西部のナ・パリコースト

急峻なトレイルを経てたどり着く以外は
海側からしかアプローチはできません・・・・

 

 

 

      Img_1177

 

サンセット時のナ・パリコーストの美しさは
この世のものとは思えないものだとのこと

それを今、内陸部から眺めています・・・・ 

 

 

 

 

 

Img_1256

 

島の東側に流れ出るワイルア川
その中間部にワイルア滝があります

有名な「シダの洞窟」はこの更に下流の方に
ひっそりとあります・・・・

 

 

 

 

 

      Img_1185

 

美しい浜辺とショッピングの地ハワイにあって
緑の大地を堪能できるカウアイ島・・・・

 

 

 

 

 

Img_1313

 

オアフからの一日観光で訪れる以外に
日本人はまだまだ少ないスポットです

まさに「非日常の中の日常」を味わうには十分な場所と言えましょう・・・・

 

カウアイ記、まだまだ続きます・・・・

 

 

2009年8月26日 (水)

Kauai Vol.3 ~ うみ!

 

 

 

Img_1295

 

言わずと知れた ハイビスカス
南国のイメージにピッタリの大輪の美しい花

他の色もいいけど、燃えるような赤が好きです・・・・

 

 

 

 

 

      Img_1351

 

ハワイときたら、それはうみ(海)!でしょうね

 
 
私どもが滞在したポイプビーチは
ハワイで最も美しいビーチの一つに挙げられているようです・・・・

 

 

 

 

Img_1193

 

青い海 白い波
そして、青い空 白い雲・・・・
 

 

 

 

      Img_1333

 

人は、母なる海に特別の思いを寄せがちですが
ここまですっきりとしていると
洗われるまでに心に癒し効果を及ぼしますね・・・・

 

 

 

 

 

 

      Img_1343

 

日焼けをしっかりと吸収してしまう妻や娘と違って
私はすぐに肌が真っ赤になり、ひどい時はひぶくれになってしまう質なので
実は海は苦手なのです

ですから、ここ何十年、まともに海水浴をした記憶がありません・・・・

 

 

 

 

 

Img_1370

 

でも、やっぱり来てしまいます・・・・うみ

写真では表現できませんが
潮騒の音も 潮風の香りも

たとえ泳がなくても、浜辺でじっとその身を任せているだけで
幾重もの時間を過ごすことができるのです
(但し、私は完全防備ですが・・・・(笑))

 

他にそんな場所はありませんね・・・・うみ

 

 

 

 

 

      Img_1196

 

ハワイ、そして海ときたら
もう一つは、椰子の木の存在でしょうか

日本の海は、「松」ですから
椰子という存在には
子供のころから何か特別な想いがあるような気がします・・・・

 

 

  

 

 

 

Img_1205

 

旅とは、言いかえれば「非日常の中の日常」と言えないでしょうか

 

青い空と海、白い雲と波
椰子の木
その木陰の下 芝生でくつろぐ家族  団欒・・・・

最後のこの写真
私の中では今回の「旅」を象徴する一枚と自負しています・・・・

 

2009年8月23日 (日)

Kauai Vol.2 ~ いつもの旅スタイル

 

 

      Img_1291

 

清らかで香り高いプルメリア
 
一日の始まりをすがすがしいものにしてくれます・・・・

 

 

 

 

 

Img_1133

 

今回、私どもが選んだコンドミニアム、Aston at Poipu Kai

広大な敷地の中に棟が点在するタイプで
決して新しいものではありませんが
6泊するには十分のものでした・・・・

 

 

 

 

 

Img_1284

 

      Img_1254

 

部屋のなかはこんな感じ
 
室内ロフトがある、三人ではもったいないくらいの広さの部屋です

 

写真を撮るのを忘れていましたが
四畳半ほどの広さのカウンター式キッチンがあります

 

そう、これが私どものリゾート旅でのいつものスタイル
 
お米やお味噌汁、麦茶などを日本から持ちこんで
朝食を中心に料理をしながら長期滞在をするのです

 

もちろん、料理(みたいなもの)は私がしますけど
意外と楽しいもんですよ(笑)・・・・

 

 

 

 

 

 

      Img_1128

 

お~、ベランダからの眺めは最高、最高

目の前にはプールやテニスコートがあって
浜辺もすぐ近くに見えます

部屋タイプは廉めのガーデンビューサイドで予約しておいたのですが
これで十分と言えましょう・・・・

 

 

 

 

 

      Img_1134

 

さあさあ、買いだしに出かけますよ~

今回の私どもの足はフォード・フォーカス(所謂、小型大衆車です)
 
因みに、カウアイ島にはバスなどの公共交通機関は皆無なので
レンタカーは必需品です・・・・

 

 

 

 

 

Img_1321

 

旅の始まりにある程度のものを買いこんで置くことが肝要です

オリーブ油とかドレッシングとか、卵とかベーコン、牛乳とか
あと、キャベツ、玉ねぎ、じゃがいもとかの野菜類

あ、トマトは必須です(笑)

 
だいたい一週間でなくなってくれるとグッドなんですけどね・・・・

 

 

 

 

 

      Img_1354

 

全く、アメリカのスーパーの規模にはいつも脱帽です

早く消費が戻ってくれるといいんですけどねえ・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_1296

 

場所は違えどいつもと同じようなスタイルで始まった旅
 
2009年夏、カウアイ島でのことです・・・・

 

 

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本