2013年12月10日 (火)

冬になる前に・・・

 
 
Img_2790

 
 
ほら
とうきょのほうが綺麗・・・
 
 
本格的な冬になる前に
アップしとかないとね・・・
 
 
 

2012年7月 1日 (日)

つゆ、ふたたび・・・

 
 
Img_1540

 
 
 

梅雨

ちょっとおやすみしてたんですよね・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

 

続きを読む "つゆ、ふたたび・・・" »

2010年3月20日 (土)

今を生きている

小学5年生までこの公園の近くで暮らしていた・・・・

 

練馬に引っ越し、少しだけ離れたけど
今度は近くの高校に通うことになった

だから、仙台の大学に行くまでの18年間
ずっと私のそばにいた

いわば心の故郷・・・・

 

続きを読む "今を生きている" »

2008年7月12日 (土)

こんな日は、風になる・・・・

 

 

 

Img_0497

 

  うだるような土曜日の朝です
  でも、湿気が少し少なかったかな


  こんな日は、風になるのが一番です・・・・

 

 

 

Img_0493

 

           風になって、林を駆け回ります・・・・

 

 

 

Img_0494

 

                   スピードが増すにつれ
                   次第に幼い頃の自分が
                   こころのなかに滑り込んでくるのを感じます・・・・

 

 

 

 

Img_0503

 

            子供のころの自分に帰って
                 わ~い、わ~い、とはしゃいで駆け抜ける
            木々のタイムトンネル

            トンネルをくぐり抜けた、その先に待つ世界は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

Img_0502

 

               精霊たちが住む世界・・・・

 

 

 

               だったらいいですねえ

 

 

 

      Img_0501

 

             トトロが優しく迎えてくれました

 

 

 

      Img_0498

 

            はいはい、
            あなたのことも忘れてはいませんよ
            ロボット兵さん・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_0509

 

             浄化設備の発達により
             玉川上水にも水の流れが戻って久しいです

 

 

 

 

      Img_0513

 

           風になって、改めて気がついたことがあります

           ここは
           土の匂い、木の匂い、葉っぱの匂いで溢れています

 

 

                風になった、井の頭公園でのことです・・・・

 

 

(善福寺より)

 

 

2008年3月30日 (日)

武蔵野さくら散歩路

 

 

 

 

 

080329_02

 

昨日の午後は、井の頭公園に繰り出しました。

 人出は最高潮でしたが、さくらも見事でした・・・・

 

 

 

080329_07

 

    池の東側をぐるりと囲んで咲き誇るさくらは、

       見事としか言い様がありません・・・・

 

 

 

 

080329_13

 

  ボートから見上げるさくらが見事なもんで、

   この時期のボート乗り場は長蛇の列です。

          それだけの価値ありますからね・・・・

 

 

 

   080329_12

 

      吉祥寺が人気の街である理由、改めて感じます。

       人気のお店があるだけでは、だめですからね。

 

       もっとも、吉祥寺や井の頭公園は、人気のあるなしではなくて、

        自分にとって”大切な場所”であること、が大事です・・・・いつまでも

 

 

   --------------------------------------------------------------

 

 

080329_01

 

    今年もムスカリが咲いてくれました。

        ほんと、この花は手間がかかりません。

 

 

 

   080329_00

 

     ちょっと、春の雰囲気を壊して申し訳ありませんが、

          昨年ご紹介したシクラメン、今頃こんなです・・・・

 

 

 

Photo

 

   さくらが終わると、今度は・・・・そうバラです。

     モッコウバラのつぼみ、ここまで大きくなりました。

 

    桜が散るのは残念ですが、

       もう初夏が顔を出しはじめています・・・・

 

 

今日の午後、仙台に戻ります。

こんど皆さんにお目にかかるときは、

「武蔵野みちのく散歩路」となっていることでしょう・・・・

 

(善福寺より)

2007年10月19日 (金)

明日が見える

 

 

Photo_7

 

♪屋根の上に住んでる 僕は風見鶏だよ 
  風に身を任せ 西を東を向くよ・・・・

♪渡り鳥に恋を してしまったときは
  季節が変わるのが とても怖かったよ・・・・

♪海の見えるこの街 僕は愛し続ける
  空がよく晴れた午後は 明日も見える・・・・

                           (チューリップ 「風見鶏」から)

 

海の見えない街ですが、「武蔵野」を愛し続けま~す。
そうしたら、ほら、明日が見える・・・・・・・・・・・なわけないか

 

2007年10月18日 (木)

いつも一緒

 

 

 

Photo_3

 

日本ではラスカルのイメージが強いので、動物園の人気者ですね。
最近は野生化したアライグマの問題が各地で起こっているようです。
天敵がおらず知能が高いため、皆さん頭を悩まされています。
一度、善福寺公園下池の南側で
タヌキにしては痩せた動物をみかけたのですが、
あれがそうだったのかなあ。まさかね・・・・

 

 

Photo_4

 

要するに、砂漠犬ですね、フェネックは。
放熱役の大きな耳がとてもかわいらしい。
夜行性ですから昼間は寝てばかり。
今日も寝てました、一緒に・・・・

 

 

Photo_5

 

この写真失敗です。
ケージが近すぎて完全にとばすことができませんでした(涙)。
でもハートの形をした顔がかわいいので、お許しください。
このメンフクロウは今年の3月に文化園にお目見えしたそうです。
かわいいとはいえ、見れば見るほど不思議な顔です・・・・

 

 

以上、井の頭自然文化園でみた、新婚さん?いらっしゃい、でした。

 

2007年10月17日 (水)

記憶への帰還~井の頭自然文化園

 

 

 

 

Photo

 

 

象のはな子はいつもここにいた。
たくさんの子供たちに囲まれて。

私もその一人だった。
文化園に来れば必ずはな子に会いにくる。

巨大な生き物に対する興味、畏怖・・・・
そんな人間の想いを知ってか知らずか、
いつもはな子はここにいた。

 

 

 

Photo_2

 

 

はな子の次に足を向けるのは必ずサル山だった。

実は、サルは好きな方ではない。
人間にあまりにも似すぎていて、かえって親近感が遠のく。

それでもなぜか見つめずにはいられなかった。
時間を忘れて・・・・

 

 

 

Photo_3

 

 

ここには誰と来たのだろう。
写真が残っているから、たぶん父と母と、家族で。

でも写真には母と私と兄弟しか写ってない。
そうか、写しているのは・・・・

さびしいなあ、父親って

 

 

 

 

 --------------------------------------------------------

 

 

 

  Photo_3  

 

60歳の還暦を迎えたはな子ですが、思いのほか元気でした。
どうか、長生きしていつまでも子供たちの人気者であってほしいものです。

 

 

2007年10月15日 (月)

ロボット兵のいる風景

 

 

 

 

Photo_4

 

 

 

ジブリのなかで「天空の城ラピュタ」が一番好きです。
その中でも、園丁用ロボットがいい。
これは戦闘用のロボット兵なんだけどね・・・・

私も撮りました。
ススキ・・・・

だって、秋だから。

 

 

2007年10月 1日 (月)

秋めく・・・・

 

 

     Photo_2

 

 

久しぶりの井の頭公園。
冷え込みが急すぎて、人影はまばらです。

 

 

Photo

Photo_2 

あ、こんなところでみんなお茶してたんだあ・・・・

 

 

帰りに、これも久しぶりの「○-プ軒」でラーメン。
ボリュームがあって体も温まって、
満足して吉祥寺を後にしました・・・・

 

     Photo_6

より以前の記事一覧

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本