« もてなす、ということ | トップページ | 奥入瀬はどこまでも清らかに・・・・ »

2009年5月12日 (火)

温泉の前に、森林浴はいかが・・・・

 

 

5月4日の朝を迎えました

 

6時には目を覚まし
7時にホテルを出て向かった先は・・・・

 

Img_0188

 

八戸市中心部から東へちょっと

陸奥湊(むつみなと)駅前の朝市

 

なんと、 ここで朝食をとろうという魂胆なんです・・・・

 

 

 

      Img_0186_2

 

既にたくさんの観光客がきていました

朝市で買った海の幸を、ご飯と貝の味噌汁でいただきます・・・・

 

 

 

Img_0184 

 

八戸で泊まったのはビジネスホテルでしたから
朝食は1000円ぐらいでもしれたもの

でも、ここでは新鮮なお刺身とか焼き魚をたくさん買っても
一人500円もあれば十分です

 

朝から満腹になって、車を次の目的地へと向けます・・・・

 

 

---------------------------------------------------------------

 

 

 

   Img_0191

 

雪解け水の流れのそばに、ミズバショウが咲いていました・・・・

 

 

 

 

 

      Img_0194

 

十和田湖の北東
蔦(つた)温泉の近くにあるブナ林を散策しています・・・・

 

 

 

 

 

Img_0198

 

このあたりは、ブナ林のなかに湖沼が点在していて散策には持ってこいです

遠くに見える雪を抱いた山は八甲田山系の一つではないでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

   Img_0204

 

ブナの新緑はまだ十分ではありませんが
それだけに細かい葉っぱがサワサワゆれて、森林浴にはもってこいです・・・・

 

 

 

 

 

      Img_0206

 

マクロレンズを持ってこなくて残念でしたが
足元にはたくさんの愛らしい花が咲いていました

ミズバショウもそうですが、春を待っていたという気持ちがヒシヒシと伝わってきます・・・・

 

 

 

 

 

Img_0195

 

ブナの木の根は保水力が強く
土地の表面が流されることを防ぎながら麓に清らかで豊かな水を供給します

まるで自然が作り上げたダムのようですね・・・・

 

 

 

 

      Img_0209

 

水の豊かな日本は、まさにこのブナなどの樹林が作り上げたものです

欧州でもかつては豊かなブナ林が広がっていたのでしょうが
開発により原生林の形で残っているのは皆無と聞きます

日本でも数少なくはなりましたが
白神山地のブナの原生林が世界遺産に登録されたのも
欧州の人たちの忘れかけた心を打ったからなんでしょうね・・・・

 

 

 

 

 

   Img_0211

 

温泉に入る前に、ちょっとブナ林で森林浴と洒落こみました

 

5月4日の午後のことです・・・・

 

 

« もてなす、ということ | トップページ | 奥入瀬はどこまでも清らかに・・・・ »

コメント

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
市場で買った海の幸と、みそ汁で食事が出来る…
これって最高ですね…ジュル
こんばんわtomatoさん

いやそれは最高です。下手にビジネスホテルのような
「レストラン(と呼ばれる食堂に集められて)」って
どこでも食べられるような朝食を出されるのは
ショックですものね。

それにしても…朝の7時にホテルを出ても、既に
先客が居たっていのは凄いですね。
きっとこのシステムが浸透しているのかも知れませんね。
旅行ガイドみたいなもので推奨していたりすると
一気に観光客が押し寄せる…って、テレビの旅行番組で
山口良男さんが言っていました(笑い…分かりますか? 眼鏡をかけた元欽ちゃん劇団の人ですぅ)

ちなみにこのように市場で買った魚を持ち込んで
領して貰う時って、料金の設定ってどうなっているのですか? 持ち込んだ魚って既にお代済みですよね?
「調理代」みたいな感じで請求されるのでしょうか?
★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆

下から5枚目の写真 綺麗にプリントして額奏したくなりますね。
アルジェント…お勧めします。光沢なしだととても
良い感じに上がってきます。
ご自宅に送ってみたら喜ばれるかも知れませんよ。
http://fujicolorprint.jp/argento/index.html

温泉浴の前に森林浴、いいですね~

おっと、森林浴の前に何たって腹ごしらえですよね。(えへ)
流石☆早起きのtomatoさん、ドタバタの私の朝とは大違いです。
新鮮な海の幸とお味噌汁、
素敵な御馳走ですネ。
もう寝ようとしていたのに、イケナイ 朝ごはんを想像したら・・・ジュル ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

あの時(学生時代の)、私ももちろん十和田湖周辺も巡りました、
けど、余り温泉には興味なくて(゚ー゚; (若かったんだワ)
蔦温泉も、酸ヶ湯温泉も、温泉には入らずでしたね。
ン、今考えればもったいないけど。(笑)

ブナの林、冬と春と初夏も、、?
だって♪ミズバショウの花が咲いている・・・(笑)
澄んだ空気と美しい水、心洗われます。

♪ナチョパパさん、お早うございます

この朝市については、もちろんガイドに載っていたのですが、
あまり気に留めていませんでした。
たまたま見かけたホテルにあったパンフを見つけて
行く気になった次第です・・・・

市場そのものはたいへん素朴なものでした。
また、前の日の七厘村とは違い、観光客が火を使うことはできません。
従って、焼き物は既にどこかで焼いてきたものを温めなおすというものでした。
でも、それでも十分でしたよ。
刺身類はお店の人がその場でさばいたものを食べることができます。
それにジャガイモのサラダとかも売ってますので、
ホテルと同じメニューでも半額以下で食べられるというものです。
まあ、食べる場所は写真のとおり場末の食堂みたいなところですので、
このへんは好き嫌いはあるでしょうね。
私どもには全く問題ないものでしたけど・・・・

おほめいただきありがとうございます。
沼とブナ林の写真は、けっこういいものが撮れたような気がします。
自然がなせる技ですね・・・・

♪naokoさん、お早うございます

はい、まずは腹ごしらえです(笑)
なんたって、ご飯一杯とホタテ(小さめですが3個は入ってました)の味噌汁が200円です。
そこに焼き魚と刺身とサラダを足して一人500円足らず・・・・
今時の食事ですねえ(とはいえグアムとは大違いだなあ・・・・)
但し、お米は宮城の方が美味しい!と思いました・・・・

蔦温泉の周りにあるブナ林は有名です。
一周1時間半ぐらいで森林浴が楽しめます。
ブナはまだ若芽でしたが、それでも心地よかったですよ・・・・

お~、酸ケ湯も覗いたのですね。
仰るとおり若い頃は、温泉、温泉と騒がなかったですね。
でも、今時の若い人たちはけっこう来ているような気がします。
やはりストレス社会と情報量がそうさせているのでしょうね・・・・

北の国の春は、南方では順番に出てくるものが
一度に味わえることが多いです。
そう言えば、昨日は釧路で桜の開花宣言が出たようですね。
桜吹雪の舞う入学式、というのは決して標準的なものなのではなく、
一部の地域のことでしかないことに改めて気が付きました・・・・

ブナの芽出しは綺麗ですね。
ブナは保水力があり、天然のダムだし、動物や野鳥も恩恵を受けていますね。
丹沢も昔は綺麗なブナ林が多かったのですが、酸性雨にやられて立ち枯れが多くなってしまいました。
森林浴、大好きです。
朝飯、夕飯、ホテルで食べないで外で食べるも良いですね。安くて美味しい所が探せばありますね。
自分で選んで調理してくれるのは良いですね。

あらあら、旅のシーンは次々進んでいますね。超遅ればせながら、お誕生日、結婚記念日の豪華お祝いができてよかったですね。おめでとうございます。

・・にしても、知っているとこんなにおいしそうなものが食べれたのですね。昔はどうだったのか・・?私は学生旅行ではなかったけど、下北半島の本州最北端という場所に居たとき、隣では東京あたりから自転車で来た学生が感激して家族に電話しているけど・・・とにかく腹へって村落に降りてみたものの・・・食堂らしいものは何処にもなく、道路沿いにはイカが並んで干されていたけれど、それほど猫化していなかったので、盗み食いもできず・・・ひたすらバスを待っていたような。

ブナ林の写真はほんと、木の種類か?季節か?の独特な雰囲気を捉えていますね。私はみずばしょうのある水辺のが好きです。

♪あだっちゃん、こんばんは~

この時期のブナも悪くありませんでした。
木々の間から池が見えるのもなかなかです。
そうですね。酸性雨という敵もいました。
少なからず、ここも影響受けていると思いますが・・・・
いずれにしてもいい森林浴ができました。
あだっちゃんは鳥を狙いながらいつも森林浴をされてますね・・・・

はい、ホテルは泊るだけでいいような気がします。
日本式の部屋でいただく料理も悪くないんですが、
とにかく高いからなあ・・・・

♪うおさん、こんばんは~

ありがとうございます。
だいたい5月3日の日に全部やってしまうことが多くなってきました・・・・

たぶん、昔はこういうの無かったと思いますよ。
アウトドアライフを楽しまれる方が増えてきましたから、
その辺の影響もあるのかな・・・・

確か、私が行った時の大間崎も何にも無かった記憶があります。
私も犬化していなかったので、道端の干しものを拾い喰いすることはなかったです・・・・

確かにブナの樹に独特な何かを感じました。
池の青も影響していると思います。
ミズバショウも流れに沿って咲いていて可愛らしかったです・・・・

tomatoさん、遅くなってしまいました~。
朝市で朝食、美味しそうですね。
ビジネスホテルの味気ない朝食より、
よっぽど好いですね。
tomatoさんの食卓の写真がないのは、
きっと写真を撮っている暇も無いくらい美味しかったのでしょう。
水芭蕉や春の花、そしてブナの新緑、
春の東北は自然の息吹がいっぱいですね。。。

♪ジェイクさん、お早うございます

そうなんです。ビジネスホテルの朝食は味気なくて、
あれで1000円くらいとりますから、
今回は朝市で食べれて良かったと思います・・・・

はい、仰る通りです。欠食児童のように食べるのに夢中で
写真を撮るのを忘れてました(笑)・・・・

東北の春は、雪解けあとになります。
澄んだ空気、清らかな水、美しい新録、そして素朴な人柄。
これらが自然にマッチして、東北の春を形成していますね・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉の前に、森林浴はいかが・・・・:

« もてなす、ということ | トップページ | 奥入瀬はどこまでも清らかに・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本