« ここで仙台から実況生中継です・・・・ | トップページ | 酸ケ湯で思うこと・・・・ »

2009年5月17日 (日)

天は我々を・・・・

 

 

Img_0311

 

ということで、奥入瀬の北方、八甲田山系に向かっています

 

5月5日の早朝です・・・・

(えへ、朝の露天風呂にもしっかり、です・・・・)

 

 

 

ちょっとここで位置関係の確認です

上の図のように
右下”八戸”から入り、左下”奥入瀬渓流”を経て
左上”八甲田”に向かっている、ということです・・・・

 

 

 

 

   Img_0284

 

向う道はすいすい

このままどこかに行ってしまいたいと思うくらいの
素晴らしい好天に恵まれました・・・・

 

 

 

 

 

Img_0281

 

脇道に目を転じれば、ブナ林はまだこんな感じです

小動物の足跡がたくさん残っていました・・・・

 

 

 

 

 

   Img_0288

 

今年は雪が少なかったということで
除雪後の雪壁はこんなものでしたが
多い時は、この2倍以上の雪壁が楽しめるそうです・・・・

 

 

 

 

 

      Img_0297

 

ロープウェイで山頂までやってきました

青森県の山々は未だこんな感じなんですよ・・・・

 

 

 

 

Img_0300

 

小さい頃の娘を思い出させます・・・・

 

そうそう、背景にぼ~っと見えるのは青森市街と陸奥湾なんです
わかりますか・・・・

 

 

 

 

 

Img_0314

 

私どもを決して見放さなかった八甲田山を後に、仙台に向かいます

 

 

今回の旅は、善福寺を出発してから

  仙台→八戸→奥入瀬→仙台→善福寺

ということで往復1400㎞以上の行程でした

 

 

出発時間を工夫しました

例えば、行きに善福寺を出発したのは夜の8時すぎ
帰りに仙台を出発したのは、朝の4時前、ってな感じで・・・・

 

従って、1400㎞の行程中、全く交通渋滞に遭わず
3人で往復5000円の交通費でしっかり楽しめた、ということになります
運転も妻と交代でできましたので助かりました・・・・

 

 

 

 

 

Img_0312

 

だらだらお付き合いいただいた「みちのく家族旅GW編」はこれで終了するのですが
一つだけ、如何なものかなあ、という事象に出くわしました

 

できれば、あと一回だけお付き合い願います・・・・

 

   

« ここで仙台から実況生中継です・・・・ | トップページ | 酸ケ湯で思うこと・・・・ »

コメント

八甲田山は一度は登山したいと思いながら、行きませんでした。
もう登れないから、ロープウエイかな。
深夜と早朝に運転すれば渋滞に巻き込まれずに済んだんですね。
往復1,400Kmの運転は一人では大変ですね。奥さまも運転が出来て楽でしたね。
仙台のすずめ祭りは知りませんでした。

1400キロとは、善福寺からお車だったわけですね~(*^ー゚)b
お疲れ様でした。

ひゃ~ 思わぬ雪景色に ぶるぶる~
季節を忘れてしまいそうです。
今日の東京も肌寒かったもので。

私たち(若き、えへ)は八戸から野辺地、そこから がががーーと北上、大間崎まで
再び南下、青森から十和田に入ったようです。
十和田湖では遊覧船にも乗っていました~
(記憶はすっかり褪せてしまったのですが、アルバムを開くと、、そうだったみたい

tomatoさんが、「だらだらお付き合い・・・」とおっしゃると私は穴があったら入りたくなりますぅ。
私は一体どこに??(笑)
グアムで迷子になっています(´;ω;`)ウウ・・・
あと一回?ですか~ もっと続けてほしいくらい。
かつて行ったところでもあり、とても懐かしくて楽しかったです。
みちのく再熱、ちょっとマイブームです(・∀・)ニヤニヤ

いよいよ八甲田山ですね。
この辺りは今でも雪が残っているのですね。
仙台まで新幹線で行かれたと思っていたら、
善福寺から車だったのですね。
往復1400Kの運転は、流石に疲れますでしょう。
奥様も運転出来て幸いでしたね。
tomatoさんはまだ40代だからお元気なのでしょう。
私も車は大好きでいくら乗ってもへっちゃらだったのですが、
流石に50を越えると電車が良くなります。
最近は近所の買い物くらいしか、車に乗らなくなってしまいました。
私の若い頃を知ってる人から見たら、
きっと信じられないと思います。
歳なんですね。。。

♪あだっちゃん、おはようございます

スキー客もまだまだいましたよ。
山頂からトレイルもありますので、ロープウェイでも十分楽しめると思います・・・・

今回は本当にラッキーでした。間に仙台を入れたので、
こういった旅程が組めました・・・・

仙台青葉祭りは25年前からということです。
すずめ踊りをする皆さんがイキイキされていて良かったです・・・・

♪naokoさん、おはようございます

私が新幹線で一度帰省するというワンクッションを置きました。
結果としては、この方が安上がりでした。
運転が交代してできるというのがポイントですね・・・・

そうそう、グアムと正反対なんですね。
でも天気が良かったので、暑さと涼しさが同居するような感覚でした・・・・

今回は、naokoさんの旅程の丁度真ん中だけということになりますね。
まあ、正味二日間ですからこんなもんかな・・・・

お~、naokoさんのグアムは今どのへんでしょうか(笑)
私の方は、忘れてはいけないあの場所が残っています。
近日中に公開予定ですので是非ご覧になって下さいね・・・・

♪ジェイクさん、再びおはようございます

八甲田の雪は例年に比べて少ないようです。
でも、私どもからすればこの時期でも驚きの量ですよ・・・・

私も車の運転は嫌いな方ではないので問題はないのですが、
やはり食事のあとなんかはすぐ眠くなります。
ちょっと、うとっとしてしまうことが多くなりましたから、
すぐに代わるようにしています。
あと、渋滞は今でも嫌ですね・・・・

休日だけですと外に出たくならないですね。
私もリタイヤしたら、いろいろ出ていくのではないかと思っています・・・・

インフルエンザにはお気をつけ下さい。
もっとも、弱毒ですから命への影響はないでしょうけど・・・・

高倉健の顔が懐かしい。続く地図にも郷愁を覚えます。地名だけはよく知っているので、それを辿りながら、妙に日本だな~と思ってしまいます。
様々な記念の日を迎えながら、こんなに素敵な場所を旅することができ、しかも移動中の不快感もなかったのは、旅上手の準備にも勝因がありますが、運が良かった!ラッキー!ですね。

フライブルクは黒い森山岳地帯の裾野に位置しますが、知人で上のほう(800m)にすんでいる人によると毎年遅ければ5月末まで道路脇に雪が残るそうです。わー厳しい!と私は思うのですが、その友人に言わせるとフライブルクのようなマイルドなところはつまらないそうです。もし私がそんな人間の感覚をもっと早く知っていたら、日本全国に転勤の可能性ある職を求めたかも知れません。いろんなところに住めたら面白いでしょうね。

うおさん、こんばんは~

若いころの健さん、カッコいいですね。
八甲田山ロープウェイで待ち時間に「八甲田山」のビデオを流してました。
北大路欣也さんも若いなあ・・・・

そうなんです。いつもはアンラッキーなことが多いんで、
たまの家族と一緒のときくらいラッキーでも、
ばちは当たらないでしょうね(笑)

非転勤職種の方からは、全国どこにでもいけてイイですね、とよく言われます。
でも、仙台とかならいいですが、少し過疎が進んだ地域ですと、
毎日温泉に行くわけにはいきませんので、
それなりに辛いことも多いですよ・・・・

ドイツに転勤にならないかなあ。
フランクフルトにしか事務所がないんですけどね・・・・

☆☆☆☆★☆☆☆☆★
☆☆☆☆★☆☆☆☆★
えっ?これって…東京から自動車で行ったのですか!!
凄いですぅ~もうそれだけで凄いと思います。
こうやって工程を聞いて、値段を聞くと…やはり安いですよね。
もっともその体力と集中力が僕にあれば…の話ですけど。

それにしてもこの小さな女の子のスキー姿。なんと可愛い事でしょう。
私はハワイにも行った事が無いですが、スキーにも行った事が
有りません。
だから全く出来ません。
バブル時代を経験している者で、その時代にスキーに行っていない
って非常に珍しがられますヾ(*°▽°)ノアハハ

今やったら…骨折するだろうなぁ~。

♪ナチョパパさん、こんばんは~

そうなんです。今回は私が善福寺に帰省して、
そこから往復ともに仙台を経由して行った次第です。
私の場合は帰郷旅費が出ますし、妻と娘が新幹線で仙台まで来ると、
それだけで4万円以上かかりますからね・・・・

あはは、この女の子はスキーをしているのではないのですが、
スキー客は一杯いましたよ。
私は学生時代からスキーを始めていますので、
昔取った杵柄ということで、一応今でも滑れます。
因みに自分は滑らなくても娘に経験をということで、
新幹線でガーラ湯沢に行って娘だけ滑らしたこともありますから、
ナチョちゃんにもそんな経験させてあげてはいかがですか・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天は我々を・・・・:

« ここで仙台から実況生中継です・・・・ | トップページ | 酸ケ湯で思うこと・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本