« 文庫サイズだけど・・・・ | トップページ | みちのく冬の旅~月山志津温泉② »

2009年3月 1日 (日)

みちのく冬の旅~月山志津温泉①

 

 

        Img_9531

  

          もうすぐ雛祭りですね

          今年は娘のために
          雛飾りを出してあげられません

          ごめんね・・・・

 

 

 

 

 

 

   Img_9477

 

        バスは西へ西へと向かいます
        進むほどに雪は深くなっていきます・・・・

 

        たぶん、この冬最後の「みちのく一人旅」

 
        始まりました・・・・

 

 

 

 

 

      Img_9483

 

       やってきたのは、ここ

       山形県にある山岳信仰で有名な
       月山(がっさん)  

 

      Img_9482

 

        お~、これまた随分とユニークなものに
        出迎えられました・・・・

        これから、迎えの車で向かうのは
        初夏に一度訪れた「月山志津温泉」です・・・・

 

 

 

 

 

 

       Img_9501

 

            そう

 
            今回は、「雪旅籠」に出会う旅・・・・

 

 

 

Img_9494

       

      今回でまだ4回目の開催となる「雪旅籠の灯り」

      数年前、何かの特集でこんなお祭りがあることを知った

      どこか知らない北国の地で・・・・

 

 

 

Img_9500

 

     初夏のころ
     岩牡蠣を食べに山形県の酒田へ

     その帰りに立ち寄ったここ月山志津温泉で見つけたパンフ・・・・

 

 

   Img_9513

 

     ああ、これだったんだ
     あのお祭りはここだったんだ・・・・

 

     雪でできた旅籠

 

     そして、今私はここにいるのです・・・・

 

 

 

Img_9504

 

      旅籠の中にはこんなお店が・・・・

      クライマックスは灯りがともる午後七時から

 

 
      はやる心を抑えてとりあえず宿へ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

      Img_9664

 

         本日のお宿は
         「変若水(おちみず)の湯 つたや

         清潔なたたずまいのなかに
         その土地のものを活かす工夫が随所に見られる
         素敵なお宿です・・・・

 

 

 

 

 

    Img_0692

 

      ふ~、やっぱり冷えたからだには温泉ですね

      まだ、午後の2時だから独り占め~

 

 

    Img_0684

 

        露天風呂の目の前には1mはある雪の壁が

 

        さすがに外は冷えます・・・・

 

 

    Img_0688

 

      しかし、空を見上げると
      遠くには月山スキー場のある姥ケ岳が望めます・・・・

 

 

 

 

 

       Img_9533

 

           午後7時まではあと一時間あるから
           先に夕食を・・・・

 

       Img_9534

 

            料理はとても美味しかったけど
            やっぱり一人ではねえ・・・・

 

            娘が来週から期末テストのため家族は来れず

 

            まさに「一人旅」です・・・・    

 

 

 

 

 

Img_9658

 

            ちょっと長くなってしまったので

            クライマックスは次回ご紹介します

            じらして御免なさい・・・・

 

 

 

 

Img_9655

 

           この写真、さっき娘に送っておきました・・・・

 

 

 

« 文庫サイズだけど・・・・ | トップページ | みちのく冬の旅~月山志津温泉② »

コメント

この時期、月山まで道路が通じてるとは思っていませんでした。
冬の東北の一人旅も良いもんですね。
東北人の素朴で優しい人情に触れ合いますね。
どんなお祭か、次回が楽しみです。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
これは素晴らしいニコ 地元の方が作られるのでしょうか?
思わず覗きたくなってしまいますね。
6,7,8枚目の写真って…覗き込んでいる人がいますが、
本当に中には入れたりするのでしょうか?

札幌の場合は自衛隊まで出動して、クレーン車が何台も
出て…って感じですが、これも同じような感じになるのでしょうか?
ちょっと手作り感があって、何かこっちの方がボクは惹かれるのですが。


お嬢さん、期末テストなんですね。早いものでもうすぐ二年生…。
時間の早さって、歳を取れば取るほど早く感じますが、目に見える成長…って意味では、子供達には敵いませんね。

今うちの娘も「学年末最終テスト」状態で(さすがに小学校二年生では「期末テスト」とは言いませんが(苦笑))、今日も朝から漢字や計算問題をしています。

彼女の「お仕事」と私達一家では呼んでいますが、tomatoさんのお子さんとは違って、所詮ボクの子ですから、上位入賞は望めません。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ
真っ当に進級して欲しいモノです。

月山温泉…続きを楽しみにしています。お一人では寂しいのもの分かります。せめて美味しいモノを堪能してきて下さっていると良いのですが…。

ジョージtomatoさんの旅行先、
遠くなるほど いとしさつのる♪ですね。

ああ、玉こんにゃく食べたいですー。ではでは。

みちのく一人旅はやはり男性が似合いますね~(v^ー゜)
それに。みちのくは雪だ。。雪。
雪でできた旅籠の素敵なこと。この時期だけのですものね。
温泉の湯気がここまで届いてきそうなことも
あ~たまらない風景です。

月山、夏でもスキーができるんですよね。
いつか行きたかったけど、ついにその機会がなく今に至ってしまいました。
きっとこの先も行くことないでしょうね。
(ですから月山を見ることができて嬉しいデス)

可愛いうさぎさんのお雛さまですね。
私も一昨日かな、手作り陶器のお雛さまを飾りました。

tomatoさん、こんばんは。
3月の声をきくと、春を急に意識します。

どのおひなさまも、かわいらしいですね。
雪の中での桃の節句、すてきだな・・・と思いました。

大きな雪だるま。
すごい雪ですね。

今シーズンの私の街では、雪が降ったといってもこんなに大雪ではなかったので、
雪を珍しいような気持ちで見てしまいました。

雪は普段の生活には大変なことの方が多いのでしょうが、
雪旅籠・・・ときくとロマンチックな響きに感じてしまうから不思議です。

月山は春スキーで有名ですが(私は滑ったことないのですが)、
スキー場のある山を初めて見せていただきました。
ここなんですね~。新鮮な感激でした。

♪あだっちゃん、おはようございます

この温泉宿までは除雪するのでいつでも入ってこれますが、
その先数キロまで行けばやはり通行止めになります。
それでも今年は例年になく降雪量は少ないそうです・・・・

温泉客や宿のご主人とも話をしましたが、
寒い地方で生きる人たちの温かさに改めて触れたような気がしました・・・・

雪祭りですので派手さはありませんが、次回をお楽しみくださいね・・・・

♪ナチョパパさん、おはようございます

詳しいお話は次回のお楽しみということで御免なさい。
ただ、手作りという感じは間違いありません・・・・

テストが多いようで、娘も幾分疲れ気味のようです。
本人にやる気があるうちはいくらでも応援するのですが、
ある日突然、ほっぽり投げ出すようなことがあるかもしれません。
それもまた勉強のような気もしますけどね・・・・

やはり一人旅には限界があります。
特に食事のときが寂しいですね。
今回は夜がメインなので、どうしても宿泊が便利ですが、
次回以降は日帰りが復活すると思います・・・・

♪えいねんさん、おはようございます

私も最近知ったことなんですが、
山形県はこんにゃくの消費量が日本一なんだそうです。
玉こんにゃくも含め、いろいろな料理があるようです・・・・

熱~い、玉こんにゃく、たまりませんね~

♪naokoさん、おはようございます

山形市内もほとんど積雪がありませんでしたが、
ここ月山は本当に雪深い土地です。
宿のご主人の話によると、
子供のころは平均積雪が6メートル。
雪の少ない今年でも4メートルはあるそうです。
この10年間で、一番多い時はなんと10メートルの年もあったそうです・・・・

今は、スキーだけでなく、クロスカントリーや
かんじきを履いてのネイチャーウォッチングも月山周辺では盛んで
幅広い年齢層で楽しめるようになっています。
5月の連休あたりが狙い目かな・・・・

雛飾りは大きいので私が出す役目なんですが、
小さめのやつを買っておこうかなあ・・・・

♪こころさん、おはようございます

弥生三月散歩道、ですねえ~
これから徐々に暖かくなっていくのが実感できるでしょう・・・・

このお宿にはいろいろなところに雛飾りがありました。
なかなかセンスの良いお宿でしたよ~
この雪だるまは、「月山口」のバス停にありました。
本当に大きいものでしたが、顔が笑っちゃいますね・・・・
月山の麓も今年は雪が少ないそうです。
それでも平均4メートル、ということですから
いかに雪深い地域かがわかりますね・・・・

スキーだけでなく、
雪の中のネイチャーウォッチングも流行っているようです。
是非一度、ご主人にせがんでみたら如何でしょう?

月山という名前はロマンティックでそれだけ人里離れた場所を考えてしまいますが、布の造形は洗礼されていますね。Tomatoさんがこのお雛様を見てお嬢様のひな祭りを即座に発想された気持ちもよくわかります。もう直ぐ3月3日か・・・。

食事の器も魯山人写しのようで・・・どうもこの地には都会的なコーディネーターが潜んでいるようです。雪の宿もインターナショナルな造形感覚ですね。

それとも日本全体にあるもてなしの美意識がこの地の素材と合致しただけなのでしょうか。

木のメニューにある品、私なら全部平らげる自身あり!

♪うおさん、こんばんは~

そうなんです。
私も「がっさん」という日本語らしくない語調に、
何かロマンを感じる一人なんです。
「つきやま」だったら、なんだかなあ~、ですね・・・・

家では娘が生まれて以来、欠かさず私が雛飾りをしていました。
娘と雛飾りの写真は毎年撮っていましたから、
今年はたいへん残念です・・・・

今風でセンスのあるお宿でした。
清潔だし料理もそこそこ美味しいし。
私は、海派ではなく山派の方なので、
山の幸がふんだんに使われるお料理が好きです・・・・

玉コンとかお汁粉は、ドイツではやはり無いものなのでしょうか。
できればお届して味わっていただきたいと思うのですがねえ・・・・

こんにちは〜。
すてきなロケーションですね〜。
雪の露天風呂・・・、いいですね〜。次回が楽しみです。雪が積もっていると、夜でもほのぼの明るくて、幻想的な風景なんでしょうね〜。
ところで、湯船の写真は、着衣で撮っておられるのでしょうか・・・。ちょっと気になる・・・・。

♪pasionariaさん、こんばんは~

そうなんです。まさに雪灯りとでも申しましょうか。
「白」は全ての光を反射してしまうのですよね。
夜の闇まで反射する、そんな感じです・・・・

えへへ、湯船につかりながらになりますので
生まれたまんま、で~す。
さすがにカメラに影響があると困るので、
温泉の写真は殆どをコンデジで撮影しています・・・・

②をアップしました~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく冬の旅~月山志津温泉①:

« 文庫サイズだけど・・・・ | トップページ | みちのく冬の旅~月山志津温泉② »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本