« 晩秋の”杜の都” | トップページ | 芸能人じゃないけど・・・・ »

2008年11月25日 (火)

鴨がネギ背負って・・・・

 

 

 

 

 

   Img_9355

 

          このところ土日祝日は鍋ばっかりです

          この日は、鴨がネギ背負ってやってきました
          脂がたっぷりで暖まりますね

          仕上げは蕎麦かうどんか迷ったのですが
          取り合えずこの日はうどんにしておきました

          今度、蕎麦でチャレンジです

 

          いやあ、鍋、やめられません・・・・

 

« 晩秋の”杜の都” | トップページ | 芸能人じゃないけど・・・・ »

コメント

鴨ちゃんもとっても気になりますが・・・
やだー(*^ω^*)ノ彡 また背後にちゃんとお星様が控えてるぅ。(笑)
これは合うでしょうね☆

わ~~ これからネギ背負って飛んで行きたい!!
締めはやはりお蕎麦がいいなぁ。
えへ、もう終わっちゃいましたよね。。(泣)

鴨がたっぷりですね~
そちらでは手に入りやすいのでしょうか。

我が家も鍋、やめられません。
だって、一石三~四鳥ぐらいだと思いませんか?

tomatoさん、こんばんは。

この季節、鍋は重宝しますよね~~。
今度は鴨ちゃんですか。
おいしそうっっ。

私も鴨ちゃんだったらおうどんにします。
実は鍋にお蕎麦はたことないのです。
どんなお味なのかな。ぜひ教えてください。
我が家はたいがいうどんかラーメンなので。

↑キーの打ち間違いです。

>実は鍋にお蕎麦はたことないのです。

・・・やったことがないのです。

でした。おいしそうな鍋に気をとられ、注意散漫になっています(笑)。

ははは・・・はくらくせーい☆!!
あったまりそうですねぇ。
こーんなに旨みたっぷりの鍋の〆には、やはり味が染み染みになりうどんに一票!!
きし麺でも美味しそうです。

おいしそう!
鴨ネギ?お鍋が続きますね
我が家も明日あたりナベカモ

そう土鍋の話
以前、池袋西武で古万古展をやったのです
急須と土鍋が有名ですよね
イオンの社長が地元出身で
有名人に頼んで土鍋コーナーの
目玉にしたことがありました。
その関係で僕のところで焼いたのです。
レッドソックス松坂も候補に上がったのですが
断られました。

寒くなると鍋が良いですね。
カモ鍋なんか最高ですね。
カモの写真を撮ってると、カモ鍋を連想してしまいます。肉用のカモは何ガモなんでしょうね。
我が家では鍋の残りで、翌朝おじやです。

♪naokoさん、お早うございます

はい、お星様飲んでますよ~
ものの本には鍋の汁を付け汁にして蕎麦をいただく、
なんて書いてありましたが、
幾つか試してみたいと思います・・・・

鴨は鴨でも、合鴨ですから
そのへんのスーパーで手に入るやつです。
一週間に3回くらいの割合で入荷するそうです。
真鴨に比べ味は落ちるのでしょうが、
脂分はあるので暖まりますね・・・・

①体が暖まる
②準備が簡単
③後片付けも簡単
④野菜がたくさん食べられる・・・・

これに家族みんなで和気あいあい、とくれば
一石五鳥以上でしょうねえ・・・・

♪こころさん、お早うございます

一石五鳥の鍋ですからねえ~
鴨ちゃんは暖まりますね・・・・

はい、私も基本はうどんかご飯なんですが、
言われて見ると鴨南蛮とかありますから、
お蕎麦でも悪くないんだろうなあ、と
今度ためしてみます。

そうそう、前回の担々鍋と
アップしてませんがモツ煮鍋のときは
私もラーメンでした。
けっこういけますよね!

♪ぽちさん、お早うございます

はい、その伯楽星でございます。
私の好きな地酒の一つです。
酔っぱらってからの一杯がうまいですね・・・・

お~、うどんに一票ですね。
公平を期す観点から
お蕎麦レポートもいつかいたしますので
乞うご期待!

♪tarutaruさん、お早うございます

お~近日中にナベカモですね。カモナベ?
そうねんです。ネギが効いてるんですよねえ・・・・

そうですか。そんなわけで土鍋づくりを。
昔、イオングループさんを担当しておりました。
懐かしいです。
あのお~、私も土鍋・・・・なんちって

♪あだっちゃん、お早うございます

はい、日本人はやっぱり冬は鍋ですね。
そうかあ、バーダーのあだっちゃんには、
鴨はその対象でもありますね・・・・

基本、私のような庶民が口にできるのは
やはり合鴨でしょう。
味が落ちる分、脂身は多いので暖まると聞いています。
翌朝のオジヤも昔よくやりました・・・・

tomatoさん、分析ありがとうございます☆
暖房費の節約っていうのもありました~
まあ、①にかぶりますね。

うむ、お蕎麦派少ない!
お蕎麦は説明不足でしたけど・・・
鍋に入れちゃダメ!!
鴨せいろとしていただくのですぅ。
出汁のたっぷり出た温かい汁に、冷たいお蕎麦をつけていただく、これでーす☆
きゃ~ 書いていて、ヤバイ゜.+:。(*´v`*)゜.+:

お〜、鴨〜・・・・、鴨の脂ってカラダにいいんですってね〜。鍋は簡単だし、野菜をたくさん摂れるのでいいですね〜。
きりたんぽ鍋もいいな〜・・・・、あの、セリがいいですね。うちの父は秋田出身なのですが、ハタハタはよく食べてましたけど、きりたんぽはあまり食べなかったな〜・・・・、なんて思いました。
tomatoさんは御奉行ですか? うちの父はぞうすい奉行です。夫は食べるだけです・・・・、ひとり鍋やってるみたいです。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
以前こちらで書いたのか?
naokoさんの所で書いたのか…ちょっと覚えていない
のですが(苦笑)、私…ジビエ系のお肉が大好きで、
日本蕎麦を食べる時も、余程の事が無い限り「鴨がらみ」
のメニューを食べます。鴨せいろとか、鴨南蛮とか…です。

もちろんフランス料理の時も、できれば鴨料理が美味しい
所を選ぶことが多いです。

そうラ・トゥール・ダルジャンもしっかり行って、セーヌを
見ながらシリアルナンバー付きのカモも食しました
ヽ(▽⌒*)ガハハ

カモ鍋…大好きです。

♪naokoさん、再びありがとうございます

そうなんです。
お鍋が佳境に入りますと、
暖房を切ります。これも究極のエコか!(笑)

そうそう、出し汁につける鴨せいろの感覚ですよね。
近々ためしてみようかと思います。
たぶんいけるんではないかと。
これ、マジやばいですねえ(笑)・・・・

♪pasionariaさん、こんばんは

え~え~、ご主人もきっと一人鍋されてますよ~

きりたんぽ、そうなんですよ。
次にご紹介できるのはそれかと。
具材が手にはいるかどうか確認してみます。
あと、しょっつる鍋とか。
これはちょっと難しそうですね・・・・

私は奉行ではなくせいぜい与力程度です(笑)
でも準備を一人でやってると
意外とたいへんなことも分かりました。
妻に感謝です・・・・

♪ナチョパパさん、こんばんは~

そうですね。フランス料理といえば鴨料理があげられるのでしょう。
この場合は真鴨が具材となるのでしょうが、
合鴨でも鍋の場合は十分だと思います・・・・

鴨というのはどこの国でも
料理としてそれなりの地位を築いているのですね。

お~、登録ナンバー付きのお肉ですか。
一度、そんなものを食してみたいものです・・・・

鴨鍋、美味しそうですね。
日本酒が、合いそうです。
私はもっぱらビール党ですが・・・
蕎麦はnaokoさんが言うように、
鍋に入れちゃだめですよ。
やっぱり、せいろで頂きましょう。
鴨鍋の後の鴨せいろ、うーん、よだれが出そうです。。。

♪ジェークさん、こんばんは

蕎麦通のジェークさんもそう思われるのですね。
家庭でやる場合は、出汁ふんだんにありますから
せいろで思う存分楽しめそうですね。
あ~、すぐにでもやってみたくなりました。
きりたんぽもやりたいし。
迷うなあ・・・・

色づく街路樹の下、店頭には既にライトがともり、妙に家路が懐かしい。さあ早く帰ろう今日は鍋だ!の季節になりました。鴨鍋、かも南蛮・・日本人の耳にはこの言葉、響きが違います。

本鴨が手にはいるのに、普段は悲しきドイツ食事情。何しろ夕食はカルテス(冷たい料理)。冬に家族で一応火を囲むようなのはクリスマスの頃、フォンディユかラクレットがスイスに近いこの地方の習慣。ひたすらチーズを絡めて食べるのです。

せりや葱(こちらのは太い)の日本野菜もいいですね。あー一度せりをお腹一杯食べてみたい~。私はどちらかというと、大根おろしをたらふく食べたいから天麩羅を、キャベツの千切りが食べたいからとんかつを食べる人です。

♪うおさん、こんばんは~

ドイツは日本より寒いでしょうから、
暖かいシチューとかを頭に思い浮かべながら
帰宅を急ぐ人も多いのではないでしょうか。
それとも、やっぱりビールかなあ・・・・

ドイツでは肉屋にカモが並んでいるのかな。
鴨シチューとかあるんでしょうか。
ドイツ料理というもののイメージがわかないもので・・・・

そうそう、私もセリとか春菊とかミズナが好きです。
なんか、体中の毒素が抜け出ていくような気分になれます。
はい、私もキャベツの千切り、何回もおかわりします・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨がネギ背負って・・・・:

« 晩秋の”杜の都” | トップページ | 芸能人じゃないけど・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本