« 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅠ | トップページ | 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅡ »

2008年11月 3日 (月)

仙台たべある記

 

 

 

妻と娘が三連休で仙台に来てくれました・・・・

 

温泉宿はいいところが取れなかったので
私の住まいに泊って
食べるものに贅沢しよう
ということになりました・・・・

 

 

 

      Img_8959

 

         仙台に着いたその日の晩は
         ちょっと奮発して
         小さな料亭で、海の幸をいただきました

         へへ
         あまりにも美味しかったのと嬉しかったので
         写真を撮るのすっかり忘れてました・・・・

 

 

 

 

   Img_8946

 

         次の日は
         早朝から松島までドライブ
         大渋滞になる前に奥松島の嵯峨渓から松島まで
         十分と堪能しました

         そして・・・・

 

 

 

 

020081102_009

 

          松島ならこれ、これですよ~

          10月末から2月ぐらいまで楽しめる”牡蠣”です
          この時期、牡蠣小屋がそこかしこにできて
          こうして大きな鉄板で焼き牡蠣が楽しめるのです・・・・

 

 

 

Img_89302

 

   実は、娘は牡蠣が食べれなかったのですが
   あまりにも美味しそうな匂いにオズオズと

   一口食べて、「美味しい~」

   あっと言うまに、4つ食べてしまいました・・・・

 

 

 

 

 

 

120081102_000

 

        牡蠣の後はこれです、笹かま

        ここ松島では
        金華山沖で捕れる
        タラの一種の「どんこ」のすり身を使って
        その場で焼いて食べさせてくれます

 

      Img_8951

 

       備長炭で
       親父さんが汗をかきながら焼いてくれます・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_8962

 

      その日の晩は
      「利久」で牛タンをいただきました

      牛タンの高級店もいくつかあるのですが
      ここは、リーズナブルな値段で十分美味しいので
      迷わず出かけました
      妻も娘もペロっと食べてしまいました・・・・

      ここでも写真を撮るのを忘れましたので
      日中に松島の店先でやっていた
      牛タンの試食コーナーの様子をアップしています
      
      利久のそれは
      これよりも数倍厚いです・・・・

 

 

 

 

   420081103_000

 

        最後の締めは、やっぱりこれでしょう

        番丁ラーメン・・・・

 

        今日、妻と娘が仙台を離れる前に食べました
        妻と娘は
        「お父さんが学生時代に食べていたんだ・・・・」
        と感慨深げでした

        もちろん独特の辛味も気にいってもらいました・・・・

 

 

 

 

020081102_001

    

       初日の晩以外は安く済みました

       妻も娘も
       美味しい、美味しいと言ってくれましたので
       それが一番良かったですね・・・・

 

       残念だったのは
       日帰り温泉が楽しめなかったことです
       作並温泉に出かけたのですが
       露天風呂がいい旅館は
       宿泊客でいっぱいなので・・・・

 

 

 

 

Img_8988

 

       13時台のはやてで
       妻と娘は東京に戻りました

       10年ぶりのアイスホッケーの練習のせいで
       体中が痛かったのですが
       やはり家族が一番

       有意義な三連休でした・・・・
    
          
 

 

 

 

    ------------------------------------------------------

 

 

  

          これが本当の「食べある記」です・・・・

 

      Img_8769

 

           愛すべき吉祥寺のガイドブック

           kikoさんもイラストで登場しています・・・・

 

 

      

« 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅠ | トップページ | 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅡ »

コメント

こんばんは!コメント一番乗り?

家族との3日間、お疲れ様でしたー。
ますます、みちのくファンになるんじゃないでしょうか?

番丁ラーメンにも伺えて良かった。お父さんが学生の
頃に食べていたお店って、有る様で、ないですからねー。
ではでは。

仙台で家族と過せて良かったですね。
奥さまもお嬢さまも喜んでくれて最高でしたね。
私は最悪で荷物まで田舎に送っておきながら、風を拗らせてしまいダウンでした。
妻には申しわけない気持ちでいっぱいです。
近いうちに今度は松島に牡蠣を食べに行こうと思います。松島にも結構冬の水鳥がいますね。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
本当に素敵な三連休でしたね。
こんばんわtomatoさん

ただでさえ美味しいもので幸せになる状況ですが、
家族が揃う…これ以上の幸せの条件はないですね。
しかも磯の贅沢
山の贅沢、
時間(父親の学生時代の店に行くってなかなか無い…
   えいねんさんと同じ意見です)の贅沢

もう言う事のない三日間だったのではないでしょうか。

明日からは又、しばらく祝日もありませんが、
この数日の思い出で年の瀬で頑張れそうですね(^v^)ニコ

tomatoさん、こんばんは。
ご家族揃っての三連休、
単身赴任者にはどんな楽しみにも勝る
楽しい休日になられたことでしょう。
牡蠣も美味しそうだな。
笹カマ、牛タンにラーメン、
仙台の味覚を堪能されましたね。
3日間、どちらに行かれてるのかと思っていたのですが、
ご家族ご一緒でよかったですね。
kikoさんって、右から二人目でしょうか?
tomatoさん、よくご存知ですね。。。

tomatoさん、お久しぶりです。
「仙台たべある記」あーーあ パクっちゃいましたね。
「吉祥寺たべある記」お買い上げ?ありがとうございます。
と、私が、何故か。。kikoさんは真ん中です☆

いいな、いいな~~
利休ですよねぇ。
いいもん!池袋の宮城に行くから。(笑)
あー でも素敵な景色、空気の中、ご家族揃って・・・
って一番の御馳走ですよねっ。
いいな~ 番丁ラーメン。
食べ物の恨みは怖いって言います、ブツブツ、、喜多方。(笑)

♪えいねんさん、こんばんは~

からだの痛みと重なりましたが、
心地よい疲れかもしれません・・・・

今日は番丁ラーメンのご主人に
”どうしたの”みたいな感じで見つめられましたので、
家族が東京から来た、と言いましたら
ニコニコ笑っておられました。
なかなかいいシーンでは、ありました・・・・

♪あだっちゃん、こんばんは~

ありがとうございます。
実は二週間しかたっていないのですが、
久々に会った感じがしました。
仙台でだからかもしれません・・・・
奥様に申し訳ないというお気持ちが素敵です。
大丈夫ですよ。
冬の鳴子は温泉も景色も抜群ですから。
そうです。松島の牡蠣が待ってますよ~
志津川や女川もいいかも・・・・

♪ナチョパパさん、こんばんは~

ありがとうございます。
家族がそろえば、美味しくなくてもいいのですが、
やはり美味しいものをおなかに入れれば、
幸せな気持ちになりますね・・・・

言うことがあるとすれば、
温泉だと思います。
実は、お蕎麦は食べたので、
これで紅葉露天風呂なんかがあれば完璧でした・・・・

そうですね。
今年もあと少しになりました。
お互い頑張りましょうね!

♪ジェークさん、こんばんは~

ありがとうございます。
結構忙しかったのですが、それでも
仙台でゆっくりできたなあ、というのが印象です・・・・

牡蠣は1月ぐらいからかなあと思ってましたが、
意外や意外、味もなかなかのもんでした。
こういう形で牡蠣を食べたのは、
私も初めてでした・・・・

naokoさん、仰るとおり、
kikoさんは真ん中の上品なLadyです。
よく調べてある、いいガイドブックです。
宜しければ、お求めを!

♪naokoさん、なんか本当にお久し振りという感じですね(笑)

えへへ、パクパクのパクリです(大笑)

お金を出せばそれなりの牛タン屋あるのですが、
利久で十分堪能できます・・・・
(私も最初は間違えていました。利久は「利久」と書きます)
そうそう、池袋に宮城ありましたね。
私も、帰ったらその”宮城”にも行ってみますよ・・・・

う~ん、食い物の恨みは怖ろしい・・・・
できるだけ夜道は歩かないようにします(笑)

軽井沢の写真楽しみですねえ・・・・

追伸:

おっ、「吉祥寺 美容・健康スタイル」なるものが出たようですね。
kikoさんもお忙しいわけだ・・・・

最高の三連休でしたね~

最愛の家族と景色と食べ物と
三拍子揃って辞世の句でも何でも出てきちゃいそうですね。あはは
松島や ああ松島や・・・

無作法なものでお聞きしますが
牡蠣を食べてる方はきっとお嬢さんだと
思うんですが
正式に牡蠣を食べる時は
片手に白い手袋をするんですか?
牛タンも?
育ちが悪いものですみません。

♪tarutaruさん、お早うございます

3連休はまずまずの天気でしたから
本当に良かったと思っています・・・・

焼き牡蠣を食べる時は軍手は必須アイテムです。
牡蠣の身を食べたあとに残る汁を飲む際、
暑くなった殻を持つためにね。

また、私どもは12個1000円(3人分)で
店の人が牡蠣殻を割って食べやすいようにしてくれるのですが、
1時間一人2000円で食べ放題の場合は、
自分で割る必要があり、
その時も軍手がないと危険なんです・・・・

食べ放題にしようか迷いましたが、
腹八分が何でも宜しいかと・・・・

tomatoさん、こんばんは。

ちょっとお久し振りでした~~。
風邪ひいたり何だりしてぼやぼやしている間に11月になっ
ちゃってびっくりしています。

連休はご家族の皆さんと楽しいひと時だったのですね。
tomatoさんご一家のおいしそうな顔、たのしそうな声が
届いてきます。
それにしても、どのお写真もおいしそう~~
思わず・・・「たべたーい」と叫んでいました。
(また叫んでいる)
とくにあの笹かま。焼いてくれるものもあるのですか。
知りませんでした。
これ、ほんとに食べてみたいです。

連休前に風邪をやっつけたつもりでしたが、なかなか
すっきりしません。
tomatoさんもどうぞお気をつけくださいね。
試合前に体調崩されませんように・・・。


・・・、この前ニュースで女子アイスホッケー日本代表
チームの特集をみました。
すごいですね~。
女子とは思えないようなすごい迫力に驚きました。
もう少しでバンクーバー五輪代表になれるとか。
頑張ってほしいなーって思います。
tomatoさんにおききしてから、アイスホッケーを身近に
感じるようになりました。

♪こころさん、こんばんは~

そうですか。体調は万全ではないのですね。
そんななか東京との往復、たいへんでしたね。
東京ではどのようにお過ごしになられたのでしょうか・・・・

笹かまは焼き立てがほんと美味しいのです。
意外と焼き立てを食べさせてくれるところは
少ないのではないでしょうか。
お店のなかでお茶をいただきながら食べられるますので、
これで一本200円というのも魅力です・・・・
別のお店では豆腐を混ぜた蒲鉾を焼いて売っていましたよ。

前にも書きましたが、
女性の方がアイスホッケーにはまってしまうそうです。
ラグビーなども激しいスポーツではありますが、
アイスホッケー程のスピードや迫力はないですからね。
ただ、観戦するには寒さに耐えなければいけないのが難点です(笑)

今週末も現役の練習に交じろうと思ってます。
今度は防具もちゃんとつけて本格的に、です・・・・

風邪早く完治するといいですね・・・・

松島のカキ・・・・、話には聞いておりましたが・・・、う〜ん、よだれジュル〜・・・・ですね〜。
私たちが夏休みに入れなかった利久も・・・・、いいですね〜。
食べ物に焦点を当てて旅行、というのは、無駄がなくていいですね。
あの、松島の観光船、かっぱえびせんでカモメを餌付けするじゃないですか〜、何故か私の所ばかり、カモメが群がって来て、直接手から食べたりして・・・・、私は鳥つかいか、と思いました。
猫がたくさん居ると言う、田代島というところにも行ってみたいです。

♪pasionariaさん、こんばんは~

牡蠣は季節のものですから、
この時期に松島を訪れないと食せませんね。
2月までは時間たっぷりありますので、
本場の味、是非お試し下さい・・・・

今回は、奥松島で観光船に乗りました。
静かな表松島と異なり、奥松島の雄々しさもまた一見に値します。
その船にもカモメがやってきます。
今回はエビセンを持っていかなかったので、
寄っては来てもあげるものがなくて、
ちょっと可哀想ではありました・・・・

松島にはいろいろな島があるようですね。
pasionariaさんがお好きな猫ちゃんが多い島もあるようで。
因みに、私の家のすぐ近くの善福寺公園には
たくさんの猫ちゃんが幸せに暮らしておりますよ・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台たべある記:

« 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅠ | トップページ | 青春のいちペイジ・・・・歌との出会いⅡ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本