« みちのく紅葉の旅~宮城蔵王 | トップページ | みちのくの味を携えて・・・・ »

2008年10月13日 (月)

みちのく紅葉の旅~峩々温泉

 

 

 

昨日からの続きです
何人もの方に見破られています(笑)

ワンパターン、ということですね・・・・

 

 

 

Img_0036

 

  晴れてはいるものの
  風が強かったので
  体は芯まで冷え込みました

  こうなると行くところは決まってます・・・・

 

 

 

 

 

      Img_0052

 

        宮城蔵王から麓まで下りる途中にある
        峩々(がが)温泉です

        一軒宿の秘湯です・・・・

 

 

 

 

   Img_0028

 

     ”峩々”とは、この土地の名前ですが
     蔵王山麓を流れる濁川が形成した
     このあたりの大きな崖のことを意味しているようです

     古くから湯治の宿として
     地元の方々に親しまれてきた温泉です・・・・

 

 

 

 

Img_0017

 

  びっくりしたことに
  ボンネットバスが置いてありました

  ”蔵王銀嶺号”といって
  まだ現役のようです

 

       私が幼稚園のころまで
       東京でもボンネットタイプの小田急バスが走ってました

       ウィンカーの代わりに
       オレンジ色の耳みたいなのが
       ピョコって飛び出すんですよね

       懐かしいなあ・・・・

 

 

 

 

    Img_0606

 

     日帰り入浴客用の温泉は
     湯治用の棟にあります

     その一番奥に露天風呂がありました

     野趣溢れていて、いいですねえ・・・・

 

 

 

 

 

Img_0615

 

                      落ち葉もいっぱい浮かんでいて
                      これこそが露天風呂ですね・・・・

 

 

 

 

 

Img_0613

 

  湯の温度も42~3℃ぐらいかな
  調度いいお湯でした

  柔らかなこもれ陽を浴びて
  まだ紅葉していないブナの木々を見上げながら
  くつろいでいました・・・・

 

  あとから入ってこられた方も
  お釜まで行って体が凍えてしまい
  急に温泉に入りたくなって
  看板を見てやってきた、と言っておられました

 

  温泉って
  そうやって人々が集まってくるところなんですね・・・・

 

 

 

     Img_0624

 

       入りませんでしたが
       内湯はこんな感じでした

       宿泊棟のほうは
       さらにいい感じのようです

 

       団体客は一切とらないようですから
       静かに温泉を楽しむ方にはいいですね

       秘湯と呼ばれながらも
       それ程不便なところにあるわけでもありません

       一度家族で来てみたい、そんなところです・・・・

 

                  峩々温泉

                   宮城県柴田郡川崎町大字前川字峩々一番地
                   0224-87-2021

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0627

 

   さて
   温泉の後はやっぱりこれですね

   火照った体には
   やっぱりお蕎麦があうのでしょうか

   私は
   蕎麦湯が飲みたい、というところもあります・・・・

 

  

 

 

  

 

 

 

 

Img_0027

 

               紅葉の見ごろは
               やはり10月末ごろでしょうか

               少しづつ変わっていく”色”を
               楽しんでいます・・・・

                      

 

« みちのく紅葉の旅~宮城蔵王 | トップページ | みちのくの味を携えて・・・・ »

コメント

団体客を取らない温泉旅館も珍しいですね。
馴染の地元の固定客が多いのでしょうか。
旅のあと、温泉に入ると体がホッとしますね。
登山の時は帰りに温泉に入って来ないと疲れが取れませんでした。
運転するからお酒は飲めないのですね。
お蕎麦と日本酒、意外と会うのです。

★★★★☆★★★★
★★★★☆★★★★
本当はやる気さえ出せば、ここ東京だって
近郊も含めたら沢山の温泉があるのに、なかなか
思い切らないと行けないのは何故なんでしょうね(;^_^Aエヘヘ

何か温泉っていうと、ちょっと「遠い」って
思うのですが、実際にはそんなことないのですよね。
ご存じのように麻布には有名麻布温泉があったぐらい
ですから(今は廃業してしまいました)、会社の傍にも
天然温泉が出ているのですが…行かないのは、きっと
温泉のイメージるする世界観を味わいたいのだと思います。

最も箱根まで電車でもそんなに遠くないのにね…(^_^;ゞエヘッ

きっと落ち着かないとなかなか仕事引きずってはいけない…のかも知れません。

ちょっと羨ましく拝見しました。

ただいま~
真っ直ぐ進めば仙台でした。(笑)
うーん、仙台ってまだ先なのですね。
普段余り認識していなかった距離を感じました。


この時期は紅葉に温泉にお蕎麦ですよね~
「紅葉」が「桜」になったり「若葉」になったり
変わるだけだけど。。(笑)

紅葉って単純に北から南へ下りてくるものでもなかったのですね。
那須岳はほぼ見ごろを迎えています。
五色沼はまだ先の感じでした。

露天風呂は気持ちよい風と、
そうそう葉っぱも虫も一緒に入る、そこがいいところですね☆

みちのく紅葉の旅~宮城蔵王の
温泉記事からハイクの記事へと
逆を行ってしまいました。

で、もう一回戻って
温泉の写真に浸かりながら
コメ書いています。
いいなあ~
「どうだ、羨ましいだろう?」
っていわれているみたいな写真です。

緑と青色のボンネットバス
この色彩が自然に溶け込んでそうで
浮いてしまっているという
素朴さが
魅力です。
走っているところを撮りたいです。

平地もだいぶん冷え込むでしょう?

♪あだっちゃん、お早うございます

カラオケとかも置いていないそうです。
値段もそれ程高くありません。二人部屋が多いのかな。
訪れたときも結構お客さんいたようです。
アクセスも悪くないので、
近隣県からも来ているのではないでしょうか・・・・

そうそう登山とかスキーの後も温泉ですよね。
お蕎麦と日本酒ですか。
日本酒飲んだあとに締めでお蕎麦はよくやるのですが、
皆さんもいいと仰っているようなので、
今度試してみます・・・・

♪ナチョパパさん、お早うございます

仮に家族で仙台に来ていて、
子供が学校に行っているとすれば、
そんなにちょくちょくは行けないでしょうね。
やはり独りで自由気ままだからだと思います・・・・

東京に住んでいたって、1時間半ぐらいかければ、
埼玉の山奥まで行けますよ。
そうすれば温泉ぐらいあるのですが、
渋滞と混雑が脳裏に浮かぶと二の足を踏んでしまいますね・・・・

仕事がきゅーきゅーの時は無理してでも行くようにしています。
家にいると余計めげますので・・・・

♪naokoさん、お帰りなさい

車だと結構かかると思います。
やはり新幹線でお越し下さい(笑)

そうそう、温泉とお蕎麦の前の前置詞には
いろいろなものが入りますね(大笑)

那須岳良かったですね。
やっぱり日本の秋は、モミジの赤だなあ・・・・

はい、実はお嬢様方がお越しになるので、
あえて申し上げなかったのですが、
虫さんたちもたくさん湯に浸かっていました。
場所にもよると思うのですが、
ここまで開放的だと何の気にもなりません。
誰もが愛する温泉です・・・・

♪tarutaruさん、お早うございます

えへへ、いいでしょ~・・・・
なんて子供じみたことは言いません。
tarutaruさんにも
是非お湯に浸かっていただきたくてのご紹介です・・・・

このボンネットバス、
新緑の頃はこの色でもいいと思いますが、
この時期は確かに浮いた色ですね。
でも、ボンネットバスがあまりにも懐かしくて
そんなことも全く気になりませんでした。
なんせ、乗り物小僧だったもんですから・・・・

このところの朝の冷え込みはぐっときます。
tarutaruさんもお風邪など召しませんように、
ご自愛下さい・・・・

峩々温泉行きの「蔵王銀嶺号」が走っているうちに絶対行きたいものです。まさかまだ現役のがあるとは思っていませんでした。太陽『秘湯の特集』かなにかでチェックしていた温泉ですが、一軒宿とは。

東北の蕎麦はどうですか?東京にもずいぶん名店があって、私は上京してから蕎麦が好きになりました。

芋煮の練習しました!

♪うおさん、こんばんは~

この蔵王銀嶺号は送迎用に使われているようですね。
HPにも詳しくはありませんが、
それらしい写真も載っています・・・・

そうですか、この温泉、雑誌にも載るのですね。
帰国の際、お泊りの候補に入れられては。
他にもいい温泉が多いですから迷いますねえ・・・・

周りの人に聞いてみると
山形県に美味しいお蕎麦屋さんが多いみたいです。
仙台市にはそれなりの名店揃っているようですが、
旅先ではあまりお店にこだわらずに食べてます・・・・

お~、芋煮、実現度高まりましたねえ。
ドイツの皆さんの反応が楽しみです。
ビールも美味しいし、いいな~・・・・

tomatoさん、こんばんは。
もみじのはっぱも少しずついい色になっていますね。

「峩々」
なかなか読めませんでした。
地名はそれぞれ謂れがあるものですが、珍しく感じる
ものが多いですね。

ボンネットバス。
ねこバスみたいな形~~
お好みです。
行き先の表示も何だかほのぼのでいいですね。

静かな露天風呂。
葉っぱが秋風に揺れる音だけが聞こえてきそうです。

こんばんわん。
ボンネットバスが魅力的ですー!
横須賀の方は、紅葉は全然です。日曜日も散歩がてら
歩いてオフィスに出かけたのですが、汗をかきました。

新そば、一寸いい店でいただきたいものですー♪
ではでは。

♪こころさん、お早うございます

部分的に、或いは一枚ごとに赤く染まっていくモミジ
素敵ですね。秋の象徴です・・・・

”峩々”、確かに読めません。
今は”峩”は”峨”と書くのが普通ですしね・・・・

あはは、そのとおり。猫バスですねえ。
こんなバスが迎えにきたら
嬉しくなっちゃいます。
送迎用には普通のバンも置いてありましたから、
どんなときに出動するのでしょう・・・・

そうなんです。
温泉に浸かっていると、
今まで寒かった秋風が心地よいものに変わってきました。
静けさがなお一層、こころの静寂をもたらしています・・・・

♪えいねんさん、お早うございます

仙台市内は少しづつ色づき始めたという感じです。
銀杏もあちこちで落ち始めました。
汗をかく、ということはいいことです。
皆さん、お蕎麦好きな方が多いので情報には事欠きません。
私は、基本的にお昼ご飯もお蕎麦を食べています。
まあ、ダイエットのつもりでもあるのですが・・・・

おはようございます。
↓お釜、この夏に行きました。車ですぐそこまで行けるのでいいですね。
日帰り温泉もいいところがたくさんあるみたいですね。うちの夫も、ゴルフして〜、温泉入って〜、とかかなり満喫しているみたいで、以前は「はやく東京に戻りたい」と言っておりましたが、近頃は、「東京はガツガツしてるな〜」などと・・・・。実は、在仙台の期限が延びそうなのです・・・・フフフフ・・・・、えっ、別に、喜んでませんよ・・・(笑)

本場の紅葉スタートですね~
バス、、何度も塗り替えられたような感じもよいですね。
紅葉と温泉とお蕎麦と、、
ブログで楽しませて貰います。

♪pasionariaさん、こんばんは~

蔵王は朝早ければ1時間半ぐらいで行けます。
但し、渋滞にはまったらドツボですよ~

本当は温泉宿にゆっくり泊りたいのですが、
先立つものがありませんので、
日帰りばかりとなります。
まあ、独りで泊っても寂しいですからね・・・・

あはは、ご主人も私と同じなのかなあ。
私の場合、単身赴任、まだ半年ですから、
帰りたいなあ、という気持ちと
身近な自然・温泉や、美味しいお酒・食材は
俄かには捨てがたいなあ、という気持ちが鬩ぎ合っています・・・・

え~、ご主人のお帰りが延びそう?
う~ん、どう、お答してよろしいのやら(笑)・・・・

♪kikoさん、こんばんは~

このボンネットバス、嵌りますねえ。
乗ってみたいなあ~
乗り心地悪いだろうなあ・・・・

紅葉はこれからが本番です。
いい写真が撮れたらご紹介します。
そういえば、去年はkikoさんが、
福島県あたりにバス旅行に来てましたよね・・・・

お忙しそうですね。
寒くなりましたので、ご自愛下さい・・・・

いつもカラオケ無し・団体客無し・食事も無し(笑)な温泉にばかり泊まっているぽちでございます。
ココに泊まった湯仲間は高評価しておりました。
湯は勿論ボンネットバスで行く蔵王星見ツアー、そして地場の野菜料理の美味しさ。
昔々のように湯治部があれば貧民なおいらも泊まれるのですが、宿泊も日帰りもチョイ高めなのが難でございます。
紅葉直前の透き通った金色を帯びたブナも美しいですね。。

tomatoさん、こんばんは。殿を務めるジェークであります。
もみじの紅葉が奇麗ですね。
やっぱり東京とは、2ヶ月近く気温が違うのでしょう。
ボンネットバス、懐かしいですね。
私の子供の頃は、上野駅前にトロリーバスが走ってました。
温泉と蕎麦がセットになると、これまた美味しい。
ついでにビールが飲めると最高ですね。。。

♪ぽちさん、こんばんは~

いつも、ぽちさんの温泉記事を楽しみにしています。

そうですか、峩々温泉は評価が高いのですね。
え~、あのボンネットバスは星見ツアーをやるんですか。
勉強不足でした。ありがとうございます。
そうなると尚更泊ってみたくなります・・・・
日帰り入浴も1000円ですから、
確かにちょっと高めですね。

はい、ブナの金色も大好きです。
鳴子には26日あたりに再訪しようと思ってます。
紅葉、ぽちさんの見立てではどう思われますか?

♪ジェークさん、こんばんは~

「善福寺日記」の秋の彩りも素敵になってきましたね。
お~、トロリーバス。これも懐かしい。
様々な問題もありますが、エコカーでもありますね。
欧州では今でも盛んに走っています・・・・

そうなんですよ~。
温泉で温まった体には、お蕎麦がいいみたいですね。

ビール! 
そう言えば「秘湯ビール」という地ビールを売ってました。
秋田県製造のものです。
お土産に買って帰ろうと思ったのですが、
一回に5本しか入荷できないくらい人気があって、
結局手に入りませんでした。
「秘湯を守る会」加盟の温泉限定発売のビールだそうです・・・・

おこんばんわ。
トロバスですかー!黒四ダムに見学に行った時に
乗った記憶がありまする。なんだかワクワクして
しまうのは、私だけか知らん?

明日は、ジェークさん・tomatoさんつながりで
tarutaruさん・naokoさんの小品展に伺いまーす。
お二人には、感謝感謝でございまする。ではでは。

おばんでございます。
鳴子の紅葉、鳴子峡付近は25・26日は真っ盛りかと存じます!
もっと標高の高い鬼首近辺はもう落葉かと。。

明日偵察して参りますので、詳細は後ほどご報告致しますね!

♪えいねんさん、こんばんは~

いえいえ、えいねんさんだけではありません。
乗り物にドキドキ、ワクワク。
男の特権ですよ~

皆なで広げよう、友達の輪。ですね・・・・

♪ぽちさん、こんばんは~

やはりそうですか。
25日は仕事でだめなので、
26日がジャストタイムということですね。

13日に行ったときは朝早く行きすぎて、
元蛇の湯に浸かった後、
藤治朗で板蕎麦食べたかったのだけれど、
開店まで30分以上も待たなければければいけなくてやめました。
でも朝早くいかないと混むしね。

お~、レポート是非是非お待ちしております・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく紅葉の旅~峩々温泉:

« みちのく紅葉の旅~宮城蔵王 | トップページ | みちのくの味を携えて・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本