« 元気のもと | トップページ | 閑さや・・・・ »

2008年8月 2日 (土)

tomato 再び・・・・

 

 

 

 

 

Img_0524

 

    標高1100m

    栗駒の大自然が
    眼前にひろがります・・・・

 

 

Img_0526

 

         
                 源泉より湧出されるお湯の量は      
                 毎分6000㍑

      
                 乳白色のお湯が
                 湯船を満々と満たしています・・・・

 

 

 

 

 

 

      Img_8540

 

                  tomato 再び、です

                  秋田と岩手の県境
                  須川温泉の栗駒山荘・・・・

 

       6月14日 8:43am
              ここから程近い場所を震源とする震度6強の
       岩手宮城内陸地震

       栗駒山荘に到着する直前のことでした・・・・

 

       そして7月6日から再開のニュース
       (ぽちさん、ありがとうございました)

 

       I will be back! は実現したのです・・・・

 

 

 

 

 

Img_0520

 

    聞いてはいました
    写真も見てはいました

    しかし、このパノラマは
    実際に来てみて初めて
    その素晴らしさがわかります・・・・

 

 

 

Img_0529

 

  仙台を出るときは曇っていましたし
  途中、雨が降り出しましたので
  今日もだめかとあきらめていましたが
  到着する直前に、なんと晴れてきました

  雲がなければ
  なんと雪を頂上にいただく
  鳥海山まで見えるのですが
  さすがにそこまではいきませんでした・・・・

 

 

 

 

Img_0532

 

            泉質は、強酸性のミョウバン・リョクバン泉
            湯船をあるく度に
            湯の花が舞います・・・・

 

            湯の温度は吹き出し口から離れれば
            42℃くらいでしょうか

            標高1100mですから気温も低く
            温泉を楽しむには丁度いいくらいでした・・・・

 

 

Img_0528

 

  後から来られた、おとうさんと随分と話し込みました
  (モデルをお願いしたところ、快く引き受けていただきました)

  たぶん地元の方だと思います
  栗駒の自然のこととか
  いろいろ教えてもらいました

  普段の年であれば今頃も
  ハイキングなどの観光客で賑わうそうですが
  残念ながら、地震以降客足はさっぱりです・・・・

 

 

 

 

Img_0534

 

            内湯でも十分くつろげます

 

            おとうさんが出た後もずっと一人でした

            気は楽でしたが
            やっぱり何人かで楽しんだほうがいいなあ

 

            そんなこんなで1時間弱
            ぼ~っとすることができましたが・・・・

 

 

 

Img_8554

 

          向って右側が大展望風呂です
          
          須川温泉 栗駒山荘 準備万端です!
          

 

          帰りがけに何組かの宿泊客とおぼしき方々と
          すれ違いました♪

          いいお湯と大パノラマをお楽しみ下さい・・・・

 

 

 

 

  Img_8544

 

        未だに10名の方々が行方不明のままです

        道路も、岩手県一関市からここまでの道は
        完全復旧のめどはたっていません

        震災の爪後は予想をはるかに超えるものでした・・・・

 

 

        引き続き、東北地方で地震が頻発しておりますが
        それでも復興は着実に進んでおります

        また再びたくさんの人が訪れることを信じてやみません

 

        微力ではありますが
        拙ブログで
        ”みちのく”の紹介続けて参ります

  

 

                      東北地方は
                      これから夏祭りが佳境です・・・・
 

 

           須川温泉 栗駒山荘
            
              秋田県雄勝郡東成瀬村春川字仁郷山国有林
              0182-47-5111        

« 元気のもと | トップページ | 閑さや・・・・ »

コメント

栗駒山荘、再開したのですか。
良かったですね。
私は栗駒山は3回登りました。2回は一関から須川温泉経由で、あと1回は築館方面からでした。
須川温泉には入った事がありますが、栗駒山荘には行ったことがありません。
湖かと思いましたよ。

素晴らしいことですね!
私、入れなくたって、この温泉を見ているだけで元気が湧いてきます~

再び訪れることができたtomatoさん、
あの日から今も変わらず湧き出ている須川温泉、栗駒山荘の湯・・・
(自然の)生命の力のようなもの、感じています。

モデルさんがいいですね、
誰もいない湯となんだか温かさが違う。
できれば美人さんが絵になったけど、、いえいえ
無理を言っちゃいけませんね。(笑)


1100メートルってすごいなぁ、大パノラマ☆
晴れてよかったですね、
やっぱり強運のtomatoさん。

tomatoさん、ついに、ついに、行かれたんですね~!!!
この記事を拝見していたら涙が出そうになりました
あの日あんな震災に現地で遭われて、もう行きたくないと思われたら…どうしようかと案じておりました。

やはり普段の行いが良き方が行かれると、大パノラマが広がるんですね!
おいらは霧の中で幻想的な入浴でしたが(笑)。
天候を見て次回は山頂を目指したいと思っております。

ココはこの露天風呂も建物外観も素晴らしく、いつも行くたびに見惚れてしまいます。
現在の交通の不便さはありますが、元の賑やかな栗駒山荘に早く戻って欲しいと願います。

どうかtomatoさんのブログでも、美しい写真と文章でみちのく情報たくさん発信して下さいませ!

♪あだっちゃん、こんばんは~

栗駒山荘、再開です。
ついでに須川高原温泉も再開してますよ。
登山も一部オープンになっているコースあるようです。
栗駒山荘、今度是非お出で下さい。
秋もいいですよ~
お空に浮かぶ、白濁の温泉、ってな感じです・・・・

♪naokoさん、お帰りなさ~い
こちらも東北の地から、にごり湯のご紹介で~す。

実は途中の道は補修中のところが多く、
アスファルトのひび割れも応急処置のところが
まだまだたくさんありました。
鳴子温泉を抜けて大回りしてしか行けないので、
仙台から3時間以上かかるんです。
ですから、晴れてくれて本当に嬉しかったです・・・・

モデルが美人さん、だったら嬉しいのですが、
今頃、留置場のなかでしょうねえ・・・・

秋もきっと素晴らしいと、
再訪を決め込んでいるところです。
tomato また再び・・・・

♪ぽちさん、こんばんは~

いえいえ、ぽちさんが教えてくれなかったら
今でも気がつかなかったかもしれません。
こんな立派なお風呂があるのですから、
今度は是非、秋にでも泊ってみたいんですが、
さすがに無理でしょうねえ・・・・

ぽちさんの”つれづれ草”は、
いつも参考にさせていただいております。
今後とも、お互いに”みちのく”のいいところを
全国に紹介して参りましょう!

因みに、東鳴子も泥湯も、スカスカでした(涙)・・・・

>源泉より湧出されるお湯の量は毎分6000㍑

なんか比較しようがないですけど
1秒間に100リットルですから
噴出してるって感じですよね?すごい!

いい眺めです。
やりましたね。
僕も入りたいです。

♪tarutaruさん、こんばんは~

そうなんですよ。たいへんな湧出量です。
この湯は更に上にある須川高原温泉の近くから湧き出していて、
文字通り川のようになって出てきています。
一か所から湧き出す量は全国第2位だそうです・・・・

眺め最高ですよ。
私もtarutaruさんとご一緒して、
いろいろお話してみたいです。
やっぱり、日本人は裸と裸のつきあいですから・・・・

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
素晴らしい光景ですね。
本当に再開出来て良かったですね。
この素晴らしい光景が無になってしまうのは
やりきれませんものね。

それにしても…何というシチュエーションなんでしょうか!

ただもうひたすらに、この場で湯に浸かりながら
リラックスしたい。。と思いました。

これって…このシチュエーションで周りから
見られたりしないのでしょうか?(下らない質問ですいません(;^_^Aエヘヘ)

tomatoさん、こんばんは。

相次ぐ大地の揺れで、ご当地にお住まいの皆様は心を痛め
られ、そして暮らしにもご不便があろうかと思います。

駅で東北夏祭りのポスターを見ると大変なのだろうなぁ
と暢気に思っている私でした(スミマセン)。

そうなんだ~、着実に元に戻りつつあるのだ~ってこと
tomatoさんのお写真見せていただいて思いました。

皆が訪ねることが復興にもつながるのですよね。
今は私、ちょっと動けないのですけど、今度はそちら
方面に!
今はその気持ちをもって、tomatoさん写真の温泉に
ざぶーんと飛び込ませていただきます~

あー、また温泉で泳いでしまった・・マナー違反じゃ。
しかも先客アリ(!)男湯でした~~~超イカンわ!!。

♪ナチョパパさん、こんばんは~

前評判どおりの眺望でしたし、
晴れてくれたので本当に良かったです。
是非リラックスしに、いつ日かお越しいただければ!

最後から2枚目の写真でおわかりのとおり、
ホテルが山の斜面に作られていますので、
湯船の縁に仁王立ちでもしない限り大丈夫だと思います。
見られてもあまり気になるような状況でもないような気がします・・・・

♪こころさん、こんばんは~

復興は着実に進んではいますが、
未だ不便なところはありますし、
地方全体の風評被害も深刻です・・・・

ザブンと飛び込みたいお気持ち、よ~くわかります。
新潟からであれば山形を抜けて来られますので、
ご主人におねだりして、秋にでもザブンしに来て下さい・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: tomato 再び・・・・:

« 元気のもと | トップページ | 閑さや・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本