« Perth Vol8~フリーマントル | トップページ | 今日という日・・・・ »

2008年8月30日 (土)

Perth Vol9~お食事

 

 

  最後の悪あがきになりますが
  旅を終わる前に
  旅行中のお食事について
  ちょっとお話をさせていただきます・・・・ 

  

 

Img_8989

 

  海外旅行は5泊以上の長期になることが多いです

 

  この期間
  疲れを最小限にして楽しく旅をする上で
  食事は重要な役割を果たします

  特に日本人でも
  私どものように和食をこよなく愛する者にとってはね・・・・

 

 

 

 

 

 

Img_9019

 

   アボリジニは
   ここオーストラリアには
   5万年以上も前から住んでいたといわれています

   しかし
   今の主流となるイギリス人がこの地に入植したのは
   1600年代になってからのことです

   オーストラリアは歴史的に非常に新しい国の一つです

 

   従って
   独自の食の文化は育たず
   また欧州風というより
   今はアメリカンタイプが主流となっているようです・・・・
   (旅行者にとっては、という意味です)

 

 

 

 

 

 

Img_8942

 

  昼食は
  日本でも調理パンや麺類で済ませることが多いですから
  旅先でも
  ウエスタンスタイルのものや
  サンドイッチ、ハンバーガーなどで全く問題ありません

 

 

  問題なのは朝食です

  パン食に慣れていない私どもにとって
  毎朝、シリアルとかマフィン、ソーセージ、ピザでは
  とても5日は持ちません・・・・

 

 

 

 

   Img_8869

 

     そこで私どもは海外旅行には
     必ず生味噌タイプのインスタント味噌汁を
     日数分持参していきます

 

     そして今回のようにホテルが
     長期滞在型の
     コンドミニアム

     つまり台所、食器一式、大型冷蔵庫、食洗機、洗濯・乾燥機などが
     ついているタイプのホテルであれば
     白米をやはり日数分持ち込みます

     それと
     冷水用の麦茶パックも重要です・・・・

 

 

 

 

Img_8868

 

   果物・野菜類、調味料、ドレッシングなどは初日に買いこんで
   大型冷蔵庫にしまいこみ
   滞在中に少しづつ消費するようにします

   地元のスーパー訪問は
   私どもの旅行では常態化しております

   結構楽しいですよ・・・・

 

 

   ということで
   私どもは毎朝
   ご飯、味噌汁、サラダ、果物、麦茶を基本にし
   時間があれば炒め物なんかも取り混ぜて
   元気いっぱいの状態で
   ”行ってきま~す”をします

   朝早いときは
   前日の晩におにぎりを作っておきました

 

   もちろん出かける際は
   冷やした麦茶をペットボトルに入れてね・・・・

 

 

 

 

     Img_9016

  

         そして
         夕食なんですが
         先述のとおり
         旅の思い出となる
         オーストラリア料理なるものはありません

         また今回は
         ツアーで帰ってくるのが夜遅い日が多く
         ゆっくりレストランで食べる時間は
         あまりありませんでした

 

         結局
         レストランで食べたのは一日だけで
         あとは自分たちで作るか
         おかず類だけテイクアウトして
          ご飯とお味噌汁を添えるという形でした

 

 

 

Img_7392_2

 

    お恥ずかしながら
    ホテル部屋での、とある日の夕食です・・・・

    白身の魚をフライパンで焼いたものと
    玉ねぎ、ジャガイモ、もやしの炒め物です
    それとチーズたっぷりの野菜サラダ・・・・

 

    この野菜の炒め物を娘がたいへん気に入りまして
    毎日食べたいなどと言ってました・・・・

 

 

    また
    本場の歯ごたえあるオージービーフは外せなかったので
    別の日に大きめのヒレ肉を買ってきて焼きました

    とっても美味しかったですよ・・・・

 

 

 

 

   Img_9292

 

         さて、ここからが一番重要なポイントです

 

         朝晩、いったいこの料理を誰が作るのか
         いったい誰が後片付けをするのか
         ということです

 

         これを妻メインでやらせますと
         当然のことながら爆発します
 
         「旅行にまできて何で・・・・」 ということですね

         おっしゃるとおりです・・・・

 

 

 

       Img_9076
            ツアー途中に立ち寄った十数人しかいない村での
              コーヒーブレイクタイムの様子です
              一人6A$で収益は学校などの運営に使われるようです

 
        

          今回はお米炊きだけ妻に任せ
          それ以外は全部私がやることにしました

          というより
          よく考えてみれば
          キャンプのときはいつもそういう分担ですね
          (もちろん後片付けは皆なでしますよ)
      

          でも娘も妻も
          美味しい美味しいと言って食べてくれましたから
          (おだてられたのでしょうけどね・・・・)
          まあ、良しとしましょう

          おまけに
          コンドミニアムには大型の食器洗い機がついてますので
          後片付けは至極簡単
    
          油だけ落として機械を回しておけば
          外から帰ってきたときは
          ルームキーパーが綺麗にしまっておいてくれてます
   

 

          自分の好きなご飯が朝晩と食べられて
          おまけに食事代が
          半分以下に抑えられましたから
          大成功といえましょう・・・・

 

 

 

 

Img_8953

 

       私どもが
       毎日何百キロ以上も移動する強行軍に耐えられた理由
       お分かりいただけましたでしょうか

       呆れられている諸氏も多いことかと存じます

 

       でも
       旅行から帰り、翌日仙台に戻る際に
       娘が一言「楽しかった」
       と言ってくれましたので
       それだけで十分です・・・・

 

 

 

 

                        あはは、前回も言いましたが
                        本当に次回で終わりにします(笑)
              

                        もう一回だけパースからお届けします・・・・

 

 

 

 

« Perth Vol8~フリーマントル | トップページ | 今日という日・・・・ »

コメント

Tomatoさん!やめなくていいのよ。
もう一年続けたって、誰も文句いいません。画面にへばりついて、バース見ますよ。
それにしても、今回はある日本人家族の長旅食対策のレポートを引き込まれるようにして読んでしまい、オーストラリア食情報写真が目の隅に流れていくという、新コントラストを体験いたしました。

次が楽しみだ~!

いよいよあと一回ですね。
tomatoさんは文も写真もお上手なので、
すっかり楽しませて頂きました。
イギリス自体が美味しい食文化を持たない国なので、
オーストラリアにも食文化が育たなかったのですね。
長男がホームステイしたことがあるのですが、
家庭料理もスーパーで買ってきた惣菜を並べて終りだそうです。
一度回転寿司に連れて行ってもらったのですが、
それでも贅沢なディナーだったそうです。
tomatoさんはお料理も上手なので、奥様も安心して任せられたのでしょう。
私は一応調理師免許を持っているのですが、
実は料理はからっきし下手です。
楽しい思い出のご旅行になられたようで良かったでね。
ブログ、少しイメージチェンジしました。
突然コンセプトを変えると繋がりが不自然になるので、
今までのイメージも残しつつ変化して行く予定です。。。

旅なれていらっしゃるご家族と思います。
そういう楽しみ方したいと思いつつ、、
かないません。

生味噌汁はいいですね。

とても楽しい旅行、まだ終わらないでくださいね~

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
思わずニヤッってしてしまいました。
実は我が家の旅行も4泊以上になると
同じ様な旅行の方法をします(^u^)ウン
さすがにイギリス人のような...
(ほらイギリス人って普段使っている食器なんかも
度に持ってきたりしません?(((o^∀^)oアハハ)
事はないですが、ホテルを自宅の延長線上に
使いますぅ~。
トランクの中身なんかも到着と同時に備え付けの家具に
移します(((o^∀^)oアハハ
※もっとも貴重品はちゃんと管理しますけどね…。

もっともコンドミニアム(なんと良い響きなんでしょう!!!)
みたいな事頃に泊まる事も(最近は)殆どないので…ちょっと
そんなリッチな旅をしたくなりました(^u^)ウン


♪うおさん、お早うございます(そちらは深夜ですね)

うおさんもドイツでもお米炊いておられますか。
日本人は諸外国で食生活で苦労しますよね。
今ではアジアの食材は意外と簡単に手に入るようになったようですが、
お米だけはねえ・・・・

仙台に戻ってきて毎日ササニシキ食べてます。
東京ではササニシキ手に入りませんので。
冷害に弱い品種とはいえ、日本一のお米と信じています。

だから、お米、旅のお供にしています・・・・

♪ジェークさん、お早うございます

そうなんですよ。
イギリス人は食にあまり興味がないのか、英国料理は美味しくないですね。
まあ、彼らは食事中の会話を楽しむ方ですから、やむを得ないかな。
オーストラリアはそこにアメリカンも加わりましたので、
食は全く期待できません。
オージービーフかインド洋で有名な伊勢エビといった
素材勝負になりますね・・・・

私の料理は味付けなど正直ダメです。妻には全くかないません。
まあ一生懸命やることが大事だと思ってます・・・・

新しいブログ、早速リンクさせていただきました。
頑張って下さい。

因みに私もどちらかと言えば、赤ちょうちん・居酒屋派ですよ・・・・

♪kikoさん、お早うございます

そうですね。旅慣れている方かもしれません。
普段の生活は質素にして
旅で散財するのが好きかもしれません。贅沢はしませんけど・・・・

そうなんです。
インスタント味噌汁はお湯さえあればOKですから、旅の友です。
発明した人に感謝ですね・・・・

♪ナチョパパさん、お早うございます

仙台は今日も雨です。
正直つまらない。カビが生えそうです・・・・

お~、お仲間がいて嬉しいです。
このところの海外旅行は全てコンドミニアムで楽しんでいます。
娘もこれが旅と思っているようです。
ナチョちゃんもそうではないでしょうか・・・・

そうですね。日常のなかの非日常にしないと、
長期滞在は難しいですね。
2泊程度であれば非日常でいいんですけど・・・・

私どもの旅のスタイル、次回最終回でも少しご紹介します・・・・

読み始めて直ぐに食事はtomatoさんがお作りになってると解りました。
単身赴任の経験が役に立ってますね。
とても偉いと思います。
旅行に来てまで奥さんにやらせなくて良かったと思います。
お餅も良いですよ。電子レンジでチンすれば直ぐに食べられます。チーズをのせて海苔を巻いて食べれば結構美味しいです。
これ、妻が外出した時の私の食事です。
後は牛乳を飲んで、トマトを齧ります。

♪あだっちゃん、こんばんは~

お~、あだっちゃんにはバレバレでしたねえ。
なるほど、お餅はいいかも。
今は一つ一つパックされたお餅売ってますよねえ。
少し備蓄しておこう・・・・

単身赴任の経験が生きる数少ない事柄ですね。
トマトはベストチョイスです・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Perth Vol9~お食事:

« Perth Vol8~フリーマントル | トップページ | 今日という日・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本