« ぬか漬け | トップページ | 太古の記憶・・・・ »

2008年6月28日 (土)

今が旬!

 

 

 

 

旬のものを食べるのが一番!

てなわけで、天気がいいので決行しました・・・・

 

 

 

 

 

Img_7997

 

                   岩牡蠣です

 

              ここは、仙台から200㎞ほど北北西に行った
              もう山形と秋田の県境に近い、
              吹浦(ふくら)漁港の近くの道の駅です

              ほとんど高速道路でいけるので
              3時間弱で到着しました・・・・

 

 

 

     Img_7998

     Img_8000

     Img_8001

 

              こんな感じで、その場であけて
              食べれるようにしてくれます

              手で牡蠣殻の大きさ、わかると思います

              「何年ものですか」
              「そうさねえ。5年くらいかねえ」

 

 

 

 

  Img_8004

     

           このあたり一帯の庄内浜は、
           鳥海山(ちょうかいさん)からの伏流水が
           随所から湧き出ていると言われてます

           湧き出るところは周囲より温度が低く
           しかもミネラルが豊富なため
           とても美味しい岩牡蠣がとれるそうです
 

             そして、ここの岩牡蠣は
             6月から8月上旬が、まさに旬なんです・・・・

 

 

 

Img_8012

 

             これがその鳥海山

             今日は雲がかかっていて残念ですが
             山形と秋田にまたがる
             標高2356mの活火山

             日本百名山の一つです

 

 

 

Img_8006

  Img_8010

 

          そして、これが吹浦港のちょっと北側の海

            山が育む海、とは良く言ったものです
          
            気仙沼の唐桑町も、山を育てた結果
            もとの豊かな海に戻ったことで有名です・・・・

 

 

 

 

Img_8018

 

            浜から戻ってきたら、別のお店発見!

 

            ふら~っと吸い寄せられていきます・・・・

 

 

 

 

Img_8017

 

               もう一ついただきました
               今度は、少し小さめのやつ
               これでも十分だけど・・・・

 

               肝心のお味
               言葉ではなかなか表現できません
               

               のどから鼻に抜ける独特の匂い
               ミネラルの塊

 

                  ”磯を丸ごと”、っていうのが一番かな
      

                  生きてて良かった、と思うのは
                  たぶんこんな時だろう、と思います・・・・

 

 

       道の駅 鳥海「ふらっと」
         山形県飽海郡遊佐町大字菅里菅野308-1
         0234-71-7222

         他

 

      ※値段はお店や時期で異なるのでしょうけれど、
        大きさによって、だいたい一つ350円から650円ぐらいでした

        安いとみるか高いとみるか

        高速代やガソリン代いれたら
                なんて野暮なことは考えません・・・・

 

          

« ぬか漬け | トップページ | 太古の記憶・・・・ »

コメント

岩蛎、生でいただいたんですね。
美味しそうですね。普通の蛎より大きいですね。
鳥海山は山麓までは何回か行った事がありますが、まだ登った事がないんです。
海抜0mまで裾野があるこの山、一度は登ってみたいです。

美味しそう~
かきすきなんですが、ある時から急にお腹を壊すようになり
食べられなくなりました。
悔しすぎます。

おおぉーーー いくつ書いても足りないくらい、
なんと贅沢なことでしょう、「磯を丸ごと」ねぇ、
海のミルクって言いますね。
それにデカイです、牡蠣がぁ。
スケールの大きさはそればかりじゃなく、
牡蠣を求めて200キロ!!のtomatoさん。
ゼロが一個多いのかと思ったくらいです。
お酒をいただけないのが辛いですね!?

それにしても、美味しそう~
吹浦(ふくら)漁港とだけあって、身もふっくら。(笑)
見事な牡蠣ですね☆☆☆(三つ星です♪)
Canonのキャップ、今眺めています。。(ひゃ~)

♪あだっちゃん、こんばんは~
岩牡蠣でもこんなに大きいのはなかなかないんでは?
今日は鳥海山にも行きたかったんですが、
結局行けずじまいでした・・・・

♪kikoさん、こんばんは~

あ~、やっぱり。
お正月でしたっけ。体長崩されたの。
牡蠣だったんですか。
一度あたると、なかなか次の食が進まない、
というけど、やっぱりそうなのかな。
そういう意味ではごめんなさいね・・・・

♪naokoさん、こんばんは~

岩牡蠣、ついに登場です。
この大きさにはびっくりです。
余程、適しているのですねえ、この海が・・・・

う~ん、自分でも200㎞はやりすぎかと思いましたが、
まあ、この日もお決まりのように・・・・でしたから。
続きはまた明日にでも。
ふっくらねえ・・・・気が付きませんでした。

tomatoさん、こんばんは。
これは安いですよ。
新鮮な蛎は、本当に美味しいですよね。
葉山に茶屋というレストランがあって、
シーズンに蛎食う会が開かれます。
蛎はワインにも合うし、お酒やビールでも美味しいですね。
それに身体にもいいし、tomatoさん、東北を満喫されてますね。。。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆

知りませんでした…この時期が旬なんですね?
美味そうですぅ~堪りません。
牡蠣大好きです。

ご存じだと思いますが、パリの牡蠣も有名ですが
フランスの牡蠣の元は広島産です。
フランスの牡蠣が全滅した時に、広島から手が差し伸べられた
のです。


でもやはり海が違うのか? 全然違うものになっています。

あーーーーーーーーーーーーーー食いてぇ~。


ちなみに今が旬って事は、東京でも食べることが出来るのでしょうか?

♪ジェークさん、お早うございます。
たぶん東京の料亭で食べると、
大きさによるけど1000円以上はするかもしれませんね。
おじちゃん、おばちゃんがその場でコキコキあけてくれるのが、
なんともいい雰囲気です。
記事では言ってませんが、
実は、開けたら実が小さかったようで、
一つ取り替えてくれたんです。
黙ってれば全然わからない大きさだったと思いますが、
とても気分が良かったです・・・・

このスタイルだと、
お酒が飲めないのが確かに難点ですね(笑)

♪ナチョパパさん、お早うございます。
そうですか、パパさんも牡蠣お好きなんですね。
良かったあ~
牡蠣は全世界で広く食されていますね。
アメリカでも手軽にオイスターバーが楽しめます。
へえ~、フランスの今の牡蠣は広島原産なんですか。
知らなかったあ・・・・

夏が旬な牡蠣は岩牡蠣です。
広島や松島で有名なのは真牡蠣(まがき)で、
これは産卵期の終わる冬場しか食せません。

今でしたら、東京ででも卸されていると思いますし、
現地からのインターネットショッピングもあるようですよ~
是非ご賞味あれ。

くれぐれも、あたらないでねえ~・・・・

tomatoさん、おはようございます。

すごっっっ、大きな岩牡蠣。
レモンがのせられたものを見たら、うううーん、おいいしそうっっっ。

以前、仙台市内で生牡蠣珍しい~って思ったのに、これはそれ以上です。
あ~、食べてみたいです。

ごつごつした貝殻が磯の雰囲気をたっぷりと醸し出していますね。

♪こころさん、お早うございます。
ブログ更新は、あまり気負いせずマイペースがよろしいかと。
その分、コメントでお会いできて嬉しいです・・・・

久々に日本海を間近に見てきました。
太平洋と違う穏やかな雰囲気がいいですね。
とくに鳥海山の麓、といった雰囲気も魅力的でした。

岩牡蠣も、このシチュエーションにぴったりの
”海の幸”を十分表現してくれました。

この牡蠣殻、持って帰りたいくらいでした。
あまりにも見事なもんで。

こころさんも、牡蠣お好きなようで良かったです。
新潟でも市場で手に入ると思いますよ・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今が旬!:

« ぬか漬け | トップページ | 太古の記憶・・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本