« みちのく初夏の旅~鳴子温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~リゾートパーク オニコウベ »

2008年5月 6日 (火)

みちのく初夏の旅~中山平温泉

 

 

 

        さて、鳴子温泉を後にしたtomato親子は
        鳴子峡を過ぎて、さらに西へ向かいます

         鳴子温泉郷の西端に位置する、中山平(なかやまだいら)温泉・・・・

 

 

 

       1_2

 

          中山平温泉 名湯秘湯うなぎ湯の宿「琢ひで」

 

           ここは
           この旅館の日帰入浴客が利用する「ねころびの館」

            でも、ご安心を
            中は旅館とつながっていて、宿泊客と同じように
            温泉を楽しむことができます・・・・

 

 

 

     2_3

 

          長い廊下を抜け
          外に出てから階段を下っていくと・・・・

 

 

 

 

3_2

 

               鶴亀の湯(六角檜風呂)

          

           今回もこのとき誰もいなかったので、パチリ・・・・

 

             アルカリ性のお湯で、ヌルヌルしています
             お肌にとっても良い、ということで女性に大人気

               ”うなぎ湯”というのも、このへんからきているのかな・・・・

 

 

       本日、初めての露天風呂です

       緑と青空の下
       からだもヌルヌル、こころもヌルヌル?してきました・・・・

 

 

 

 

 

    4_2

 

       ここは、日本秘湯を守る会の会員になっているようです

       この会は1975年にできたそうで
       「秘湯」ブームの火付け役になったようですね・・・・

 

 

 

            

 

 

5   

        

         宿の外では
         イロハモミジの一種デショウジョウの赤い若葉が
         周りの緑と見事なまでに調和していました・・・・

 

 

 

           さて、ここでもお湯を楽しんでゆっくりした後
           今日の最終目的地である、鬼首(おにこうべ)温泉へ
           tomato親子は向かいます・・・・

 

 

 

     6_2

 

       鬼首温泉は、鳴子温泉から北に上がったところにあります

         行く途中、ダム湖のそばに
         見事な枝垂れ桜が咲いていました

         これも、若葉の緑と初夏の空の色に映えて
         とても綺麗でした

 

 

 

 

            tomato親子は、鬼首温泉に車をすすめます・・・・

 

 

 

 

        7   

 

            鬼首温泉には、「吹上地獄谷」といって
            沢に沿って温泉が自噴している場所があります

              今回は行かなかったんですが
              この近くには、10分ごとに
              15mも吹き上げる間欠泉もあります・・・・

 

 

 

8

 

      木の歩道もつけられ、気楽に散歩できるところではありますが
      下手すると大やけどを負いかねず、気が抜けません

         新緑のこの時期も素晴らしいですが
         秋の紅葉の時期は、もっと素晴らしい景観となるそうです・・・・

 

 

 

 

   9

 

        あれ? なかなか次の温泉が出てきませんねえ

 

         実は
         お湯が滝のように流れ込んでくる露天風呂で有名な
         「吹上温泉 峯雲閣」、に行こうと思っていたんですが
         なんと日帰入浴は13時15時で終了とのこと

 

                しょぼん

                がっかりしました・・・・

 

 

            でも、すぐに気を取り直し
            この後、今日のお宿に向かうことにしました
 

 

                               まだまだ続きます・・・・

 

 

 

        中山平温泉 名湯秘湯うなぎ湯の宿 琢ひで

          宮城県大崎市鳴子温泉字星沼20-9
           0229-87-2216

 

            ※「琢ひで」の”ひで”は 王篇に秀、と書きます

 

 

« みちのく初夏の旅~鳴子温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~リゾートパーク オニコウベ »

コメント

鳴子温泉の次は中山平温泉、鬼首まで行かれたのですね。
温泉三昧で湯あたりはしませんでしたか。
枝垂桜が咲いていたのですか。
まさかのさくらに遇えて良かったですね。

tomatoさん、こんばんは~
ママちゃり、無事に帰りましたっ。

いいなー 「ねころび」も「うなぎ」も!(笑)
それにそれに「秘」が付く、それに「守る」でしょう?
那須の大丸温泉にもこの提灯がぶら下がっていました。

アルカリ泉、かなりのPHでしたか?
私もアルカリの温泉が好み、
ヌルヌル・・・おぉゾクゾクしてきます。
これはもう、全身美容液に浸かる感じに違いありません!! ひゃ~溺れてみた~い。(笑)
東北の温泉も行きたい所、たくさんあるのですがなかなか。。
楽しませていただきます☆

「秘湯」って聞くだけで行きたくなりますね
それに「鬼首」「吹上地獄」とか
なんかワクワクしちゃいます。
皆さんヌルヌルテカテカぽかぽかで
この美しい新緑を眺められたのですね?
う・ら・や・ま・し・い!

素敵なところですねー
東北行きたいです。
ほんとに紅葉も期待できそうな景観ですね~

♪あだっちゃん、こんばんは~
あだっちゃんご推察のとおり、中山平、鬼首でした(笑)。
中山平は秘湯のイメージが強くて良かったです。
そうなんですよ。
枝垂れ桜がけっこうきれいに咲いていたのは、ラッキーでした・・・・

♪naokoさん、こんばんは~
そしてお帰りなさい。無事で何よりです。
ママちゃり飲酒運転はなかったでしょうか(笑)

うなぎ湯のphは、それほど高くはなかったと思いますが、
ヌルヌル度はけっこうなものでした。
あったまりますしね。

そうですね。
東京からどうせ行くんだったら、
いっそのこと、鬼より乳頭温泉とかそっちの方がいいかも。
とりあえず、写真でみちのくをお楽しみください・・・・

♪tarutaruさん、こんばんは~
そうなんです。日本人は「秘湯」に弱い。
当時、流行語大賞なるものがあれば、
文句無しのグランプリだったでしょうに・・・・

ヌルヌルもなかなかです。
鬼の首とか、地獄とか言ってますけど、
いたってのどかな田舎路です・・・・

♪kikoさん、こんばんは~
確か、昨年kikoさんは福島県にいらしたんでは。
もう少し、足をのばせば宮城県ですよ。
紅葉は折り紙つきです。
信じられないくらいの美しさです・・・・

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
これはこれは本当に温泉三昧ですね(^v^)ニコ
羨ましいですぅ~。
それにしても…13時までとは、ちょっと早過ぎるのでは?
一体何時から開いているのでしょうか?
もしかしたら…日の出とともに…なんてことだったら
仕方のないことかも知れませんが(^_^;ゞエヘッ


それにしてもこのままだと一体いくつの温泉に結果的に
入るの事になるのか? 楽しみです。

湯あたりにならないと良いのですが…(^u^)ウン

♪ナチョパパさん、こんばんは~
ごめんなさい。今一度調べてみたら、15時まででした。
私が行ったのは確か15時30分ぐらいだったと思います・
10時からですので5時間だけ日帰り客に開放しているようです。

湯あたりだけは気をつけました。
かろうじて三人ともそうはなりませんでしたが、
温泉のなんたるかを未だ分からない娘は、
ちょっと疲れていたようです・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく初夏の旅~中山平温泉:

« みちのく初夏の旅~鳴子温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~リゾートパーク オニコウベ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本