« みちのく初夏の旅~中山平温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~泥湯温泉 »

2008年5月 7日 (水)

みちのく初夏の旅~リゾートパーク オニコウベ

 

 

 

 

         さぞ、純和風の温泉宿に泊まると
         皆さん、思っておられたかもしれません

 

           でも、最終的に選んだのは鬼首にあるリゾートパーク

           そして、ここは私の、ある思い出の地でもあるんです・・・・

 

 

 

 

        Img_7278

 

          リゾートパークの中心、ホテルオニコウベ

          ホテルのたたずまいは、欧州アルプス風
          ちょっと、温泉巡りには似つかわしくないかなあ・・・・

 

 

 

 

     Img_7250

 

            でも、ホテルと周辺はこんな感じ
                     三方を山に囲まれた盆地の中心にリゾートはあります


             そして、目の前はスキー場
             今は一面の緑、緑、緑、です

                     開放的この上ありません・・・・

 

 

 

 

    Img_7243

 

           広い夏のゲレンデを利用して
           パラグライダーを楽しいでいる方々が
           まるで、蟻んこのようでした

                大空に舞い上がったら、
                さぞ、気持ちがいいことでしょうねえ・・・・

 

 

            ふと山頂を見上げると、
            夏場でも運行しているスカイリフトが見えました

                    妻と娘が行きたいと言います・・・・

 

 

  

     Img_7272

 

         スカイリフト(テレキャビン)から見た、リゾートパーク

                  高所恐怖症の私ではありますが
                  なかなかの景色にご満悦です・・・・

 

 

 

 

        ところが、頂上に着いたとたん、目を見張りました・・・・

 

 

 

 

    Img_7255

         

         なんとまあ、まだ雪がこんなに残っているんです!

 

 

 

Img_7256_2

 

       あれは秋田県側の山並みでしょうか

       今にもスキーをはいて滑り出しそうな錯覚に陥りそうです・・・・

 

 

                   スキー・・・・

 

 

 

       そう、さっき「思い出の地」と申し上げました
       ここ鬼首スキー場は、私が初めてスキーをした場所なんです・・・・

 

 

        大学生になった最初の冬
       クラブの先輩多数に連れてこられました。ここまで

         スキーのセッティング、リフトの乗り方など
         先輩方はたいへん優しく教えてくれたのですが
         頂上に着いたとたん、手のひらを返したように
         「じゃあな」と笑いながら、滑って行ってしまいました・・・・

 

 

       Img_7262

 

                    騙された・・・・

 

 

 
           
            頂上に、独り残された私がどうなったのか

 

 

 

            と、意外や意外
            なんとかおりてきたんですよねえ、これが

            どうやってだか、未だに記憶にないんですがね

 
             そのあとも無我夢中で滑りまくり(転びまくり)ました・・・・

 

          逆境に耐えた分、スキーがスキになりました

              うまくはありませんが、今でもちゃんと滑れるのは
              あの時の経験が生きているのだと信じて疑いません・・・・

 

                 ですから、思い出を探るために、
                 この場所を宿に選んだんです

 

 

                  そして
                  あの時の自分に出会えたかのように

                                 雪はそこにありました・・・・

 

 

 

 

       Img_7257

 

          鬼首スキー場は
          実は宮城県と山形県の境にあったんですね

                   今更気がついた次第です・・・・

 

 

 

 

Img_7293

 

    温泉は、アルカリ性単純泉でしたが
    昼間の疲れがとれるまで、のんびり浸かっていました

        料理はレストランで、和食のコースをいただきました

                              まあまあかな・・・・

 

 

  Img_7296 

 

             このあたりが、リゾートっぽいですね

               酔いや温泉のほてりを覚ますかのように
                         夜の闇のなかをプラプラしてみました・・・・

 

 

 

 

       早めに寝ましたので、翌朝5時前に起きてしまいました
      
           歳かなあ。そういえば誕生日過ぎてましたね・・・・

 

 

      Img_7298

 

           この辺りの朝特有の靄のなかに

                  昇る朝日が見えました・・・・

 

 

 

 

  Img_7307

 

       今日、仙台に戻る前に、
       tomato親子は、もう一つ温泉巡りをします

         さすがの、あだっちゃんでも、今度は分からないでしょう(笑)

 

  

               あと一回だけ、お付き合いいただきたいと存じます・・・・

 

             リゾートパーク ホテルオニコウベ

             宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字大清水26-17
             0229-86-2011

 

 

« みちのく初夏の旅~中山平温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~泥湯温泉 »

コメント

私も行きたいと言います、100%
ひゃっほ~ いい眺めですね☆

ホテルオニコウベ、名前は厳ついですが素敵ですね~
そこはアルプスですね、温泉もあるなんて・・・
ホント別世界です。
スキーの初めてを辿ったのでしたか。
私にも、半べそ掻いて転げ滑っていらっしゃるtomatoさんが見えるようです。
あの日のように雪、とけないで待っていた雪。。
寒そうだけど温かいお話でした。

お誕生日でしたよねっ、、 亀ちゃりで思い出しました。
私もすぐにウサギで追いかけますから。(笑)

tomatoさん、こんばんは~~。

すてきなみちのく旅日記・・・一気に読ませていただきました。
うわあ・・・いいなあ。すてきすてき。
とくにここの風景、私のお気に入りになりました。
noakoさんのお言葉を借りて言えば、100%行ってみたいです。

スキー場は冬場に行くことが殆どで夏にあまり行かない私は新鮮な気持ちで見ることができました。

tomatoさんの初めてのスキー、こんなにすてきな所で出来たのですね。いいなぁ・・・。

ここの地名、知らなかったので、名前に「オニ・・・」が付くことに驚きました。
なんとなく似つかわないような気もしたので・・・。
いろんな謂れがあるのでしょうね。

パラグライダーも、山頂からのパノラマも、県境の表示も、残雪も、流れる白い雲も、生まれたての緑の山も・・・・とても印象深く私の心に残りそうです。
すてきな景色を見せていただいてありがとうございます。

ワシは、蔵王だったような気がします。
懇切丁寧に教えてもらい、騙された・・・・

もしかして、伝統か?

古川の妻の実家からですと、蔵王も栗駒も、鳴子温泉も鬼首も日帰りなんですね。
どうゆう訳か鬼首温泉にはかなり泊っています。
鍋倉山にもスカイリフトで行きました。
月山が見えたかな。
スキーの処女地だったのですか。
これは思い出の場所ですね。
今度の温泉、栗駒山麓のランプの宿かな。
それとも須川温泉かな。

♪naokoさん、こんばんは~
当時はこんなにきれいなリゾートではなかったと思います。
ここでのスキーは結局この一回だけでした。
後は、蔵王とか岩手県の雫石とか、いろんなところに行きましたが、
頂上に残されたあの瞬間だけは、今でも脳裏に刻まれています・・・・

お~、ウサギで巻き返しですね。
私は明日で終わってしまうので、
ゆっくり軽井沢を散歩下さい。
ウサギレポート、楽しみにしています・・・・

♪こころさん、こんばんは~
鬼首、気にいっていただき何よりです。
調べてみると、別に鬼がいたのではなくて、
都のやんごとなき御方からみれば鬼のような蝦夷が、
戦いに敗れ、首がこのへんまで飛んできた、
というような逸話からきているようですよ・・・・

カナダでも体験したのですが、夏のスキー場は、
本当に開放的でいいと思います。
今回は、この開放的な部分が写真として残せたのではないかと、
ちょっと喜んでおります。

こころさんの、ピンキー号(勝手に名前つけました)ポタリング日記、
楽しみにしています・・・・

♪えいねんさん、伝統です。
愛のムチだと悟った私は、
スキー未経験の後輩を見つけては、
愛のムチを差し上げたことを思い出します・・・・

今はあまり流行りではないようですが、
愛のムチは、伝統です・・・・

♪あだっちゃん、こんばんは~
前回の駒の湯や今回の温泉巡りで、
改めて日帰りの湯のよさを再確認できました。
秋保や作並への日帰りをすでに企画しております(笑)

お~、ちょとかすりましたが、はずれです。
最後の温泉、明日アップしますのでお楽しみに~

>リゾートパークの中心、ホテルオニコウベ

こうべ~♪泣いてどうなるのか~♪
捨てられた我が身が~
みじめになるだけ~

惨めな気持ちで滑り降りた
若き日のtomatoさんを想像しています。
雪とパラグライダーですか?
緑の中に佇むリゾットホテル。
神戸なんかじゃなくてヨウロペです。
行きた~い!
朝日も最高のショットですね。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
これは本当に日本の景色と言うよりは…スイスとか、
ローザンヌ地方のホテルのようにも見えます。
良いですねぇ~。

私「ハワイに行ったことがない」ことと、
「スキーをしたことがない」っていう事を言うと、
(私の年代で…って意味です)みんなに驚かれます。

でも本当にやったことないんです。

tomatoさんにとっては正に自らの歴史がある場所を
お嬢さんと一緒に回れて…なんだか良い感じです(^u^)ウン

♪tarutaruさん、お早うございます。
あのときは、”ここはどこ わたしはだれ”
といったゲシュタルト崩壊の状態だったんでしょう。
そんななかでも、ちゃんと帰還しておりますので、
まあ、人間の適応能力ってやつも、まんざらではありませんね・・・・
朝日は、何気なくホテルの外をみたとき、
ああ今日も、今日がきたなあ、なんて思いがして、
シャッターを切っていました。

なかなかです、オニコウベ・・・・

♪ナチョパパさん、お早うございます。
スキーをしたかしないかは、あまりお気になさらずに。
趣味の違いですから。
ハワイイはこれからいつでも行けますので、お楽しみです・・・・

この時期には初めて来ましたが、ほんと異国の地にいるようで、
びっくりした次第です。
”家族とともに”、
が更に感慨を助長させてくれたような気がします・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく初夏の旅~リゾートパーク オニコウベ:

« みちのく初夏の旅~中山平温泉 | トップページ | みちのく初夏の旅~泥湯温泉 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本