« トラコンでいく松島 ~野蒜海岸編~ | トップページ | 雨の露天風呂 »

2008年5月25日 (日)

トラコンでいく松島 ~奥松島編~

 

 

 

 

 

Img_0328

 

       さて、野蒜海岸を堪能した私たちは、
       一路、奥松島を目指すこととなりました

          地図で言えば、左側のミニリアス式海岸の方です

            最先端の”嵯峨渓”という場所が見どころなのですが
            山道なので、トラコンではとても行けません

 

                無計画ですが、
                とにかく、行けるところまで行くことになりました

 

 

 

Img_7417

 

        それほどの山道ではないのですが、
        多少のアップダウンがあるので大丈夫でしょうか

           今日は行進、ではなくウォーキングラリー参加の方々が
           一杯いらっしゃいました

                ウォーキングにはいい天候なんでしょうね・・・・

 

 

 

Img_7439

 

         途中、内浦のいたる所で、牡蠣の養殖場を見ました
         ああ、冬が楽しみです・・・・
 

            因みに、松島の牡蠣は全国的に有名ですが、
            地元では、ここから更に北の気仙沼方面に行く途中
            志津川という町の牡蠣が、とっても美味しいそうです

 

                      もう一度言ってもいいかな

                         ああ、冬が楽しみです・・・・

 

 

 

Img_0329

 

          別の内浦では、潮干狩りをしていました

          どこかみたいに、人で芋洗い状態ではないので、
          とってもいい感じでした

            誰かのお母さんとおぼしき方が、
            何かを見つけたようで、歓声をあげていました

               そう言えば、
               うちも妻がしきりに潮干狩りに行きたがります

 

               やっぱり女性の方が、食いしん坊なのかしらん・・・・

 

 

 

 

Img_7416

 

          山に目を向けると、
          木にからまって咲いている、藤が目立ちました

             そこらじゅうに咲いています
             かすかに、いい香りが漂います・・・・

 

 

 

    Img_7423

 

            苦難のすえ、
            嵯峨渓にほど近い、室浜(むろはま)に到着しました

 

               外洋に接していることもあり、              
               いわゆる”松島”とは、ちょっと違う
               荒削りな景観です・・・・

 

 

Img_7422

 

        浜で見とれていたら、お爺さんが近づいてきて、
        いろいろお話をしました

           この室浜も夏は海水浴客で賑わうそうです

 

                 お爺さんの、日に焼けた屈託のない笑顔と
                 東北弁が、とても印象的でした・・・・

 

 

     Img_7432

 

            そんな室浜も、今日は私とトラコンだけ・・・・

              名残惜しいですが、引き返すことにしました

 

                     のんびりと、野蒜駅まで走ります・・・・

 

 

 

 

 

      Img_0336

 

             せっかくですから、松島も観ていきましょう

                 野蒜駅から仙石線に乗って、
                松島海岸駅で途中下車しました

 

                いやあ、天気が悪いのに人、人、人
                諸外国からの観光客も大勢おられました

 

                そうかあ、ここは日本三景の一つだったね・・・・

 

 

 

Img_7479

 

           なんか、ちょっと疲れてしまったので、
           早々に引き揚げることにしました

             確かに、他にはない景観ですから
             人が集まってくるのも無理ないですよね

              

 

 

 

Img_0338

 

          松島海岸駅で電車を待つ間、
          トラコンくんは、疲れて果てて眠ってしまいました

             いやあ良く走った走った、お疲れ様でした
             仙台に着くまで、ゆっくりお休み下さい・・・・

  

 

                   さて、来週はどこへ行こうかなあ(笑)

 

 

« トラコンでいく松島 ~野蒜海岸編~ | トップページ | 雨の露天風呂 »

コメント

きゃ~~~楽しみ、楽しみー
牡蠣っ☆
  おっと、「女性は・・・・・」を裏付けてしまう。。
tomatoさん、何回でもどうぞ!(笑)

仕切り直します、楽しみです、
来週はどちらへトラコンくんとお出かけなのかなぁ。

不思議なことに、私の中ではトラコンくんはもう命を吹き込まれた人のようです。
tomatoさんの愛情をたっぷり受けているためか、
はたまたtomatoさんの生き生きとした文章の力なのかしら。

室浜の荒削りな海岸、いいですね~
景色が水墨画のよう、静かな色彩の中で
波音だけが際立っています。
そこに笑顔のお爺さんの語る東北弁が流れる、いいっ
私、映画を観ているような・・・

   ・・・そうそう、この頃、町で自転車に目がよく行ってしまう私です。

この春からセンダードに住まうtomatoさん。
今日は相棒のトラコン君と、ぽたぽた
potteringの一日。
一寸頑張りすぎちゃいましたか。
小さくて人気者のトラコン君も流石に疲れが。
力持ちのクハ205オジサンに乗っかって
お家に帰りましたとさ。ちゃんちゃん!

トラコン君の仙台での日々希望っす。

♪naokoさん、こんばんは~

残念~っ。後片付けは終わったあとでした(笑)

来週行きたい候補は山ほどあるのですが、
トラコンを連れていけるかどうか・・・・

室浜は私も初めて行ったところです。
小ぶりの浜辺ですから、人が押し寄せると
それだけで一杯になってしまいます。
ですから、今回来れて良かったと思ってます・・・・

室浜お爺さんの東北弁は、結構聞き取れたのですが、
実はこのあと、漁港にいた別のお爺さんとお話をしたところ、
言ってることが全然わかりませんでした。
でも、素朴な笑顔は一緒でした・・・・

もう一度、言いましょう。
ああ、冬が楽しみです・・・・

追伸:
実は岩牡蠣が夏に食べられるところが東北にあるんです。
プリプリのやつ!
密かに行こうと企んでいます・・・・

♪えいねんさん、こんばんは~

この日はちょっと酷使しすぎましたね。
もともと街乗り用のミニベロですから、
今後は気をつけます・・・・

といいながら、また遠出をたくらんでいます。
仙台市内は、もう一台の折りたたみ自転車が重宝しています。
トラコンとの使い分け、考えているんですが・・・・

トラコン便利そうですね~
電車にひょいでどこへでも行けますね。

墨絵のような松島もいい感じです。

♪kikoさん、お早うございます

トラコンは実に素早く折りたたみや開くことができ、
場所もとらず、そのままコロコロ転がせますので、
たいへん重宝しています。
ただ、タイヤが小径ですので、
坂や長距離には適していません

奥松島、なかなかです。人がいないのがいい・・・・

ビビビ~っ 聞いてしまった。。冬を待たなくていい!?
tomatoさん、必ずご報告をお願いしま~す☆

tomatoさん、こんばんは~。

奥松島でのトラコンくんの活躍、楽しかったです。
記事前面には出てきませんが、tomatoさんの脚の活躍も思いっきりすごいですね
電車の中でトラコンくんとtomatoさんが仲良く眠っている様子を思い浮かべてしまいました。

ヨットと松島・・・・すてきです。
すてきなところには人がいる・・・ってことですね。
鎌倉でのトラコンツアーを思い出しました。

潮干狩りって実はやったことありません。
お写真見ていたらやりたくなっちゃいました。
奥様と同意見ですね。

ホタテホタテホタテ・・・って、狩れません!!!


♪naokoさん、承知つかまつりました。

ちょっと遠いので、
6月に入ったら念入りに計画してみようと思います・・・・
乞うご期待!

♪こころさん、こんばんは~

実は脚はなんともないのですが、
一日経って肩にきました。
一日おいてくるところなんかは、
年をとった証拠ですね。
グリップがちょっと堅めなので、
思い切って付け替えることにしました。
野生から脱皮して、改造の日々のスタートです(笑)

お~、潮干狩りは一度是非チャレンジ下さい。
ただ、ホタテはねえ・・・・
それは少し無理かもしれませんねえ

野蒜海岸は車で古川から割と近い海水浴場です。
何回かは行ったかな。
奥松島は船で行きました。何処かのご夫婦と私たちで相乗りで行きました。
松島とはひと味違った島巡りでした。景色も雄大で人も少ないのが良いですね。
志津川にも何回か行きましたが、静かな所です。
松島の蛎は美味しいですよ。
海岸べりの作業所から剥きたてを良く買ってきました。
妻の実家から来る荷物で米と蛎は嬉しいですね。

♪あだっちゃん、こんばんは~
お~、あだっちゃんは奥松島にもお出でになっていたのですね。
野蒜海岸もご存じでしたかあ。
この日も、遊覧船出ていましたが、台風が接近していたので止めました。
陸から行く人は少ないのかもしれませんね。
私も、松島の牡蠣は美味しいと思います。
志津川の牡蠣は今回が初めてのチャレンジになります。

tomatoさん、再び失礼しま~~す
おお!ついにカスタマイズ~~の道へ・・・ですか。

腕や手のひらが痛くなるのってわかります。
私もグリップとサドルがちょっと硬めだなあ・・と思っていました。
長い距離走るとそれを実感しますよね。

世界に一台だけのtomatoさん's トラコンくんになっていくのでしょうね。
それも楽しみで~す。
私もカスタマイズに走らなきゃっ

♪こころさん、再びです。

そうなんです。
グリップの次はサドルか、なんて考えています。
自転車の部品って、他のスポーツに比べると、
ブランドものでも手に入れやすい価格ですね。
ルイガノのバーエンドバーなんかもいいなあ、
なんて考えてますが、ホドホドにしないとね。

基本はマイナーチェンジで、
本格的な改造(カスタマイズ)は今のところは、
です・・・

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
遅くなりました。

一行目に「私たち」って言葉が入っているので
一体誰と? と思ったのですが、なんとトラコン君
だったのですね(^v^)ニコ
すっかり相棒になっていますね。

新しい世界が広がった感じがしませんか?
ところで何でいきなり始まったのでしょうか?
自転車生活。

なんだか実際に買おう!と思った瞬間の思いが
とても気になります。
宜しかったら、その辺のお話をブログにして
貰えませんか?

とても楽しみです。

♪ナチョパパさん、こんばんは~

もともとアウトドアが趣味な方なので、
自転車は好きです。
トラコン買う前に乗っていた(今でも仙台で乗ってます)のは、
やはり折りたたみ自転車です。
但し、重くて持ち運びには適さないのが難点でした。

ブログ友達の、こころさんのポタリング日記を拝見していて
トラコンを知ったとき、これだあ、と確かに思いました。
私は、衝動買いはしませんが、直感でこれだと思ったら、
あとは数か月時間をかけて、資料を調べるなど熟考したうえで、
購入するようにしています。

その直感が、どういうものなのか、
というのがパパさんがお知りになりたいことなのでしょうね。
それは自分でもわかりませ~ん。

なんせ直感なもんで・・・・

隣の客はよく牡蠣喰う客だ!

牡蠣ね。いいですね。
うちは僕と娘が大好物ですが全員ではありませんので
食卓には上ることが少なくなりますね。

トラコン君とどこまでも一緒の旅で
いいなあ。
男の世界って感じ?
男くさいってか、
汗臭い感じ。いひひ
山藤の香りがふんわり漂ってくるのは
いいですね。

うおちゃんのことは記事中に紹介されていましたね。
スミマセン。
渡波にですから行きました。昔ね。
笹かまも良く食べたし。
ズンダモチは知りません。

tomatoさんまた来ます。
ありがとうね。

Tomatoさん
このところ不在が続いて、今日渡波から奥松島まで、一気に拝見しましたよ。それにしても!仙台から野蒜までの自転車行はさすが相当の健脚ですね。トラコンもえらい。それにしても!それぞれの浜?海岸の特徴がよく出ている写真に関心いたしました。
ホームの感じもね。私が仙台の学校に勤めていたころ、松島から来ている学生に、この松島海岸駅まで乗せてもらい、そこから石巻に帰ったことが何度かありました。電車を結局1時間待って人気のない駅で過ごすことが多かったのですが、せっかくの学生の好意を無にできなくて・・・ははは。
どの写真も眺めていると、延々書きたくなってしまいますので、この辺で渡波にバックしたいと思います。

♪tarutaruさん、こんばんは~
牡蠣は美味しいんですが、食べられない人も確かにおられますね。
特に一度中った人には辛いものらしい・・・・

汗ですか。汗はかきましたよ~ 久し振りのいい汗でした。
山藤はほんのりした香りがいいですね。

渡波はいいところでした。
特にこの日はいいお天気でしたから。
見たこともない400年以上も前のことを思うには最高の午後でした。

笹かまにもいろんな種類があるのを知りました。
このあたりには、うおさんは少ないのですが、
アベさんは非常に多いです。
阿部の笹かまぼこは、こちらのご出身だそうです・・・・

♪うおさん、こんばんは~
いえいえ、仙台から野蒜海岸までは、
さすがの私でも自転車では無理です。
電車に自転車を乗せる輪行ってやつで行ってきました。
奥松島はなかなか良かったです。
皆さんからは墨絵みたいと言われています・・・・

今は三陸道路が出来ましたので、石巻までは楽になりましたけど、
その当時はなかったんではないでしょうか。
ましてや、鉄道に至っては、
石巻から先がたいへんだったのでは。
確か、石巻線は一時間に一本も無かったような・・・・

それでは、私も渡波へ飛びます。

>電車に自転車を乗せる輪行ってやつで行ってきました。

はは、そうですよね。ホームも電車内も写ってたし・・・

♪うおさん、そのとおりです。
次の更新、待ってますよ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラコンでいく松島 ~奥松島編~:

« トラコンでいく松島 ~野蒜海岸編~ | トップページ | 雨の露天風呂 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本