« よろしくお願いします | トップページ | 松島の一日 »

2008年4月 6日 (日)

定禅寺通り

 

 

昨日ご紹介した仙台東照宮。

 さくらの開花宣言でましたから、ちょっとのぞいてみました。

 

 

Photo

 

さくらは花開く一歩手前まできています。
今週半ばには見ごろを迎えることでしょう。

 

 

       Photo_2

 

 

さて、街並みは初夏のころ、なんて申し上げましたが、
杜の都・仙台の象徴とも言える場所をご紹介します・・・・

 

 

 

    Photo_3   

 

          市内を東西に走る、定禅寺通りです。

 

 

Photo_4

 

両側の歩道を含めると50M弱もある、大きな通りです。
昭和33年に植樹されたケヤキ並木が四筋流れます・・・・

 

Photo_5

 

    Photo_6

 

    真ん中の中央分離帯は、遊歩道になっていて
    美しい彫刻も幾つか並んでいます・・・・

       初夏になれば四筋のケヤキ並木が通りを埋め尽くし
       さながら公園のようになります。

         この美しさも変わっていない風景の一つです・・・・

 

 

    Photo_8 

 

     24年ぶりに訪れた仙台は、私を温かく迎えてくれました。

       大学4年間お世話になったこの街に、
       これから何か恩返しができるでしょうか。
 

        何ができるのか未だわかりませんが、
        精一杯がんばっていきたいと思っています。

 

 

次回は、いよいよ・・・・・・・・です。

 

(仙台より) 

 

« よろしくお願いします | トップページ | 松島の一日 »

コメント

定禅寺通りは昨年の暮れ、姪の結婚式が終ってから、SENDAI光のページェントを見に行ってきました。
たくさんのケヤキに灯が灯り綺麗でした。
裸婦の彫刻、見覚えありますね。
満開の桜を楽しみにしていますよ。

>24年ぶりに訪れた仙台は、私を温かく迎えてくれました。

考えてみたら27年前に山形、仙台、石巻と歩いた記憶があります。
仙山線も懐かしい。
青葉城も行きました。
仙台の町並みも何となく覚えています。
tomatoさんが新入生の頃だった?

♪あだっちゃん、こんばんは~
そうでしたね。昨年、仙台に行ってたんでしたね。
冬はケヤキを電飾していましたっけ。
そうそう、勝山館での結婚式でしたね。
勝山館から歩いて5分もしないところに今住んでます。
桜も楽しみですし、ケヤキ並木も楽しみです・・・・

♪tarutaruさん、こんばんは~
お~、みちのくtarutaru一人旅ですねえ。
もしかしたら、そのころ窯荒らしだったとか。
「頼も~う」とか言って、焼き物見せっこするやつ(笑)
石巻も行ったんですか。漁港でお魚がうまい!
これから私も、気仙沼とか角館とか、
みちのくtomato一人旅の予定で~す・・・・

>次回は、いよいよ・・・・・・・・です。
困ったぁ~ この予告編が頭から離れません。(笑)

最後の一枚。
ここからの風景がみちのく散歩道の定点になりそうな??
素敵なポイントですね。

こうして拝見していると、やはりtomatoさんは北国にいらっしゃるのですね。
(いえ、決して疑っているわけではなく。笑)
季節の違い、
表参道のケヤキはちょっと見ぬ間にもう緑の葉をつけ始め、
新緑を思わせる風景に変わりつつありました。
ケヤキ並木が四筋ってスケールが違いますね。
「Avenue」の美しい響きに青葉の季節を重ねてます、
素敵でしょうね。

♪naokoさん、お早うございます。
実は定禅寺通りに加え杜の都にふさわしい通りに、
青葉通りがあります。
ただし、ここは地下鉄建設で部分的にケヤキ並木が切られてしまい、
市民からもだいぶブーイングが出たそうです。
定禅寺通りはそういった被害を免れ、
初夏には美しいケヤキ並木を見せてくれることでしょう。

次回は、いよいよ・・・・・・・です(笑)
ちょっと天気が心配ですけどね。

tomatoさん、遅くなりましたがリニューアル「武蔵野みちのく散歩路」、
おめでとうございます。
仙台はこれから春が始まるんですね。

善福寺公園近くの青梅街道のケヤキ並木、昨日夕方車で通りました。
この間までうっすらと赤みを帯びていた緑が、今はほとんど柔らかな緑
一色に変わっていました。
東京はそろそろ初夏の季節に入る感じですが、
tomatoさんの北国情報で、春のうきうき気分をもう一度楽しめますね。

>次回は、いよいよ・・・・・・・・です。
いよいよ“番丁ラーメン”、ではなく ・・・ですよね。
(どちらも興味あります)

東照宮の桜、これから一気に咲きそうですね。
仙台は、春がすぐそこまで来ているようですね。
それに以外と都会なのにビックリです。
今日は部店長会議でしょうか?
とんぼ返り、御疲れ様です。。。

♪toriさん、ありがとうございます。
toriさんとMahaloさんのブログ情報、本当にありがたいです。
今日の写真は、ツバキも落ちているから下池水門のところでしょうか。
さくらの花びらは落ちてもなお、その余韻を漂わせていますね。

そうなんです。定禅寺通りのケヤキ並木を見るにつけ、
青梅街道の善福寺界隈のケヤキ並木を思い出します。
そうですか。新芽の緑が美しい季節を迎えたのですね。
IC建設に伴い、このケヤキ並木を切り倒すなんて愚行、
本当に許せませんね・・・・

次回はいよいよ・・・です。
番丁ラーメンはいずれまた~。(toriさんもラーメンお好きですかあ)

♪Mahaloさん、こんばんは~
いつも善福寺公園情報ありがとうございま~す。
明日は冷たい雨のようです。東照宮の桜は木曜日あたりでしょうか。
仙台は100万都市ですよ~。
便利さと自然が共存していて、
吉祥寺を10倍以上にしたような街と言えましょう。
出張は来週でした。
その日の晩は善福寺に泊って、
翌朝の一番のはやてで帰る予定です・・・・

tomatoさん、こんばんは。

定禅寺通りと青葉通り、通りました通りました。
最近は折りたたみ自転車を車にのせていきました。
快適な通りでした。

地下鉄建設の折の欅伐採は大きく取り上げられていましたね。それだけ市民に親しまれているということなのでしょう。

今日は20℃まで気温が上がりました。
一気に桜が咲きました。
夕方からは風と雨。せっかく咲きそろった桜がどうなるかとハラハラしています。

♪こころさん、こんばんは~
そうなんです。青葉通りのケヤキ並木伐採。
市民は大反対でしたね。
杜の都から、杜を取ったら、飲み屋”子”になるって・・・・
なわけありませんねえ(笑)

へえ~ 新潟は20℃まで上がりましたか。
それでは随分と開花したでしょう。
こちらは暖かかったとはいえ、20℃まではなかなか。
咲きそろうまでは、今暫くといった感じです。
新潟と仙台で桜のコラボできるといいですねえ・・・・

☆☆☆☆★☆☆☆☆★
☆☆☆☆★☆☆☆☆★
tomatoさん 遅くなりましたm(_ _)mペコリ
自分のブログもバタバタしている上に、会社のPCのHDDを取り替えた為に、
ユーザー辞書なんかも消えてしまって…本当に使いにくいパソコンになっていますヾ(;´Д‘●)ノ…トホホ

そうですか・・・tomatoさんの大学は仙台だったのですね?
私の親友も仙台に住んでまして(今盛岡で教員をしております)
下宿先が一時期、仙台にあったのでその時に行きました。
また家内と牛タンを食べに行く…何てこともしたので、延べ回数
にしたら、きっと5~6回、、、いやそれ以上行っているかも知れません。

真夜中にレンタカーのバッテリーが上がって、この並木の途中にあるガソリンスタンドで充電して貰った事もありますし(苦笑)
なんだかとても懐かしい感じがします。

一番最近は駅の横にあるダイヤモンドホテル(?はっきり覚えていない(´ヘ`;)アセ)で、受注会というのをやったことがあります。

東北大学も確か・・・仙台の青葉区の方にあったような…。記憶が定かではないのですがエヘヘ 
これからどんどん良い季節になっていきますね。

お写真のほうも楽しみにしています…

♪ナチョパパさん、こんばんは~。
いろいろたいへんななか有難うございます。
そうですか、パパさんは何回か来仙されたことが
あるんですね。
仙台は本当に美しい街です。
青葉萌ゆる初夏のころが最高で、今から楽しみです。
皆さんにもこの感動をお届できたら、と思いますし、
東京から「はやて」で90分強ですから、
通勤圏内ですよ。いつでもお越しください・・・・

楽しく拝見しました。
綺麗な街ですねー水の都でしたよね。
最後の写真、成蹊前のようです。

♪kikoさん、おはようございます。
仙台で忘れてはならないのが、
市の西側を流れる広瀬川です。
市内では崖の下を流れる形になるので、
実は水際まで行くのは容易ではありません。
その辺が市内でありながら自然の状態が保たれている所以です。

あ~、なるほど。成蹊前どおりに似ていますね。
これで道路の中央分離帯です・・・・
桜前線、まさに北上中です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定禅寺通り:

« よろしくお願いします | トップページ | 松島の一日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本