« みちのく”咲くLOVE”-(3)”仙台東照宮” | トップページ | みちのく”咲くLOVE”-(5)”角館-桧木内川堤” »

2008年4月20日 (日)

みちのく”咲くLOVE”-(4)”角館-武家屋敷通り”

 

 

 

 

001

 

               長く続く黒塀に、枝垂れ桜・・・・

 

 

 

 

       002

 

           どこかしら京都を彷彿とさせる雰囲気・・・・

 

 

 

003

 

 

 

 

 

 

そうなんです。

秋田県の、
”みちのくの小京都”、
角館(かくのだて)
にやってきました。 

「こまち」で仙台から、
北へ二時間弱。
意外と遠いところ、です・・・・

 

 

 

 

004

 

   005

 

       元武家屋敷の黒塀越しに咲き誇る枝垂れ桜は、

                               まさに滝のよう・・・・

 

 

 

007

 

008    

 

   009

 

   1620年、芦名義勝によってつくられた、この城下町の町並みは
   390年近くを経た今に至るまで、ほとんど変わらないと言われます・・・・

 

 

 

006

 

   武家屋敷を中心に植えられた枝垂れ桜は、
   樹齢300年以上を越えるものを含め、400本以上。
   このように天然記念物に指定されているものもたくさんあります。

                                気が遠くなりそう・・・・

 

 

 

010

 

   011

 

      有名な武家屋敷通りから、離れてある田町武家屋敷通り。

                  こちらの方は観光客は少ないですが、
                  見ごたえのある枝垂れ桜がありました・・・・

 

 

 

   015

 

012

 

     お寺や神社がそんなにあるわけでもないのに、
     ”みちのくの小京都”と呼ばれるのは何故でしょうか・・・・

                         やっぱり歴史のなせるわざかな。

 

 

 

016

 

    ひとつ確信したこと・・・・

    ここは、独りで写真を撮りに来るところではないこと。

 

        一日、ゆっくり時間をかけて、時間の重みを互いに共有して・・・・

 

 

 

 

014

 

           

             実は、角館にはもう一つ、桜の名所があるのです。

                     えへへ、それはまたこの次のお楽しみ~

 

 

(仙台より)

 

« みちのく”咲くLOVE”-(3)”仙台東照宮” | トップページ | みちのく”咲くLOVE”-(5)”角館-桧木内川堤” »

コメント

みちのくの小京都、角館に行かれたのですか。
武家屋敷と枝垂桜が素晴らしいですね。
ここは何回行って良いとこですね。
素晴らしい枝垂桜にあわれて良かったですね。
一人より、二人ですね。

すばらしい、、絵葉書のような枝垂れ桜のある場面。
ほんとに滝のよう、、
見事です。

また行ってみたい場所が増えました。

tomatoさん、こんばんは。

みちのくの小京都、角館にお出かけだったのですね。
この時期、駅のポスターで「角館」・・・という文字をよく見かけました。
こんなに素晴らしい桜があるんじゃ、JRさんも宣伝しますよね~~。

「小京都」って各地にいろいろありますが、「小」だからね・・・と失礼なこと考えていたこともありましたが、なんのなんのこの圧倒されるような枝垂桜、すごいですね。驚きました。
次から次へと出てくる写真、他では見ないような素晴らしい桜ばかり。
枝垂桜の並木なんてなかなかないですよね。

角館を訪れたことはありませんが、tomatoさんのお写真見せていただいて、ふらりと街散策している気持ちになれました。ありがとうございます。

私も普段、独りで写真を撮りに行くことが殆ど。
なので、tomatoさんのお気持ちがよくわかりました。
正直、
「あー、今日はここにきちゃダメな日だったー(苦笑)。」
って思う日もあります・・・・(自虐)。

わ~ぉ 角館だ!
私、リクエストしたつもりはないのですが・・・
見たかったのはまさにここ、角館の桜です!!
それはある日、西荻駅でJRのポスターを見つけその美しさに思わすパシャリとケータイで撮ったその日から
ずっと角館は頭のなかにありました。
嬉しいです、角館に感激。
そして、見事な枝垂れに感動です。
一目千本桜同様、スケールが違う。

>ここは、独りで写真を撮りに来るところではないこと。
ちょっと心に響きましたが・・・
こうして撮られた写真で 後からだけどここに集う皆さんで共有できている気がします。
それも素敵って。
ありがとうございました、角館。じゃなかったtomatoさんに。
(角館って秋田なんですよね、2時間もかかる所だったんですね)

そして・・・
私が駅で見とれたポスターはソメイヨシノでした。
  それがこの次?? (ドキドキします)

♪あだっちゃん、こんばんは~
ぶらり行ってきました、角館。
25年以上昔に、秋訪れただけの町です。
枝垂れ桜並木も凄まじかったけれど、
観光客も凄まじかった。東京程ではありませんが・・・・
そうなんです。一人より二人、なんですね・・・・

♪kikoさん、こんばんは~
是非お越し下さい、角館へ。
春の枝垂れ桜もいいですが、
秋の紅葉も素敵です。黒塀の趣がなんとも言えません。
枝垂れ桜も、これだけ集まると、
ほんと滝のようです。
さながら、ナイアガラ・・・・

♪こころさん、こんばんは~
小京都って、よくよく見ると似て非なるものですが、
ふと顧みると、あ~そうかあ、
なんて感じの感覚的なものかもしれませんね。
新潟からは北上すれば、なんのそのですよ、秋田県は。

私も、何気なく見た、この一枚の色紙に思わず食い入りました。
一人より二人・・・・
単身は気が楽でいいですが、やっぱりさびしいものです。

♪naokoさん、こんばんは~
あだっちゃんにあげた座布団2枚、
今日はnaokoさんに返してあげます。

naokoさん、そのとおりでした。
私は独りではありませんでした。
こうして、角館の枝垂れ桜を見ていただいて、
たくさんの方々と共有できました。
時の流れを感じていただきました・・・・
ありがとうございます。

JRのポスターにありましたねえ、角館。
仙台から、盛岡、田沢湖、角館の停車だけであれば、
一時間30分程度です。
でも、東京からだと3時間以上になりますね。
あ~遠いなあ。

あはは、明日にご期待下さい。
みちのく”咲くLOVE”のフィナーレです・・・・

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
良いですね。枝垂れ桜。一枚目の黒塀に枝垂れ桜の写真…そのままプリントして飾りたくなりますね。
でも記事内の「一人で来る所ではないという事…」って言う所、良く分かります。

私も写真を何処かに撮りに行こうと思うと、一人で行くのがちょっと嫌で、ヨメに声を掛けるのですが…ことごとく「遠慮」されます(^_^;ゞエヘッ

本当は同じ趣味なんかをもって、一緒に撮影に行ければ一眼良いのですが。・゚・(ノД`)・゚・。トホホ

♪ナチョパパさん、こんばんは~
一人が気儘でいいのですが、
独りはやっぱり寂しいですね。
写真を撮る一瞬は一人なのですが、
撮り終わると、やはり独りを意識します。
贅沢な生き物です、人間って・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく”咲くLOVE”-(4)”角館-武家屋敷通り”:

« みちのく”咲くLOVE”-(3)”仙台東照宮” | トップページ | みちのく”咲くLOVE”-(5)”角館-桧木内川堤” »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本