« みちのく”咲くLOVE”-(4)”角館-武家屋敷通り” | トップページ | 美味し国 伊達な旅 »

2008年4月21日 (月)

みちのく”咲くLOVE”-(5)”角館-桧木内川堤”

 

 

 

 

                 昨日からの続き・・・・

 

 

 

0001

 

             武家屋敷通りから、西へ。

                枝垂れ桜の小川を横切ったとき・・・・・

 

 

 

 

0002

0003

 

    角館の町を南北に流れる、桧木内川(ひのきないがわ)

 

        川堤に沿って、2㎞。ソメイヨシノの桜回廊が続きます・・・・

                    白石川の一目千本桜を観ていなかったら、
                    おそらく大声をあげていたに違いない・・・・

 

 

 

   0004

 

             現天皇陛下のご生誕を記念して、
             昭和9年に植樹されたそうです・・・・

 

 

0005

0006

0007

 

        久し振りの晴天を味わうかのように、
        みんな、桜の木の下を元気よく歩いてきます・・・・

 

 

 

0008

 

   0009

  

         ここは堤の道の両側に桜並木が植えられています。

 

 

0010

 

             みちのくの遅い春を愛でながら、
             春の穏やかな風に吹かれながら・・・・

 

 

 

0011

 

 

      これで今年の、みちのく”咲くLOVE”、おしまいです・・・・

      ちょっといい気になって、桜を追いかけ過ぎました。
      いい気になっているうちに、街はすっかり、若葉色です・・・・

 

 

   福島市の花見山、三春の滝桜、山形置賜の桜回廊、そして、弘前城・・・・

          みちのくを代表する桜の名所は、まだまだたくさん。

 

 

           楽しみは、来年の春まで、とっておきましょう・・・・

 

                    それでは、また

 

 

(仙台より)

  

 

       

« みちのく”咲くLOVE”-(4)”角館-武家屋敷通り” | トップページ | 美味し国 伊達な旅 »

コメント

角館のこの桜は知りませんでした。
枝垂桜だけじゃなかったんですね。
まだまだ知らない所がある事は良い事ですね。
先の楽しみがあるから。
これ、負け惜しみみたいに聞こえますね。

★★★★☆★★★★☆
★★★★☆★★★★☆
これはとても贅沢な光景ですね。
今年の東京はソメイヨシノは早くに開花しましたが、
八重桜と枝垂れ桜は…例年通りだったので、場所によっては妙な間隔が開いてしまいました。

それにしても立派な「桜海道状態」になっていますね。
この桜のトンネルをゆっくり、ゆったり歩いてみたいです。

以前も話名ましたが、毎年この時期は本当にバタバタで…上手く休みを撮れないで、桜を撮影するチャンスに恵まれていないからです。

来年こそは!!(って昨年も言ってました(;^_^Aエヘヘ)

tomatoさん、ご無沙汰しちゃいました。
いつも暖かいコメント、本当にありがとうございます。
角館の桜も、有名ですね。
桜には寒さも必要だそうで、北の国の方が桜に向いてるのかもしれません。
桜の名所って、東北に多いですよね。
一枚目のお写真、素敵です。
東京は桜も終わって、春の花でいっぱいです。
今はやっぱりつつじですね。
昨日、根津神社につつじを観に行きました。
これからゴールデンウイークが終わるまで、
早咲きのつつじから遅咲きのつつじへと咲き変わっていきます。
そうそう、話しは変わりますが、
先週末に井荻小バス停の近くで火事がありました。
お気の毒な事に、その御宅は全焼してしまいました。
それで解った事は、善福寺周辺は道路事情もあってか、
木造の家は消防車が来るまで持ちこたえられないようです。
火事は怖いですね。。。

♪あだっちゃん、こんばんは~
実は、私も角館は枝垂れ桜、というイメージが強かったので、
桧木内川の桜並木は知らなかった時代がありました。
こうしてみると昭和初期に植えられた桜は、
今年で80年ぐらいになるのですから、
風格があるわけですねえ・・・・

♪ナチョパパさん、再びです。
この桜のトンネルは2㎞程度ですから、
ほんと気ままに散歩できる距離です。
この時期は皆さん、本当に忙しいですね。
私もバタバタですが、日曜日だけは、
ゴルフがない限り休めますので、
できるだけ外にでようと思ってます。

今後はしばらく軸足を仙台に戻します・・・・

♪Mahaloさん、こんばんは~
そうですね、東北には桜の名所、多いかもしれません。
長く雪に閉ざされた人たちの、桜を愛する気持ちも、
また格別なものがあるに違いありません・・・・

そうですか、井荻小前で火事ですか。
バス通りはきれいにしましたが、
広さまでは変えられませんからね。
火事には十分お気をつけ下さい。

つつじが咲き乱れると、初夏の匂いがしますね・・・・

さくら、もう終わりですね。
ありがとうございました、
今年こんなに長い間ソメイヨシノが楽しめたなんて夢のようです。
憧れの角館にも行けたし。

今日は弘前が満開という話を聞きました。
札幌で開花したというニュースも入りました。
春がもう北海道まで行ったのですね。

桧木内川、初めて耳にした川です。
川提のさくら道、遥かには雪を頂く山々・・・
やはりここならではの風景ですね♪
ちょっと寂しいですが、ハイ、来年まで待ちます。

tomatoさん、こんばんは。

桧木内川の桜、素晴らしいですね。

一目千本桜のお写真を見せていただいていた私も、今日の写真見た瞬間、「わ~~っ」と声を立てちゃいました。
スケールが大きいですね。
閉じこもっていた冬から、人間も桜も一気に活動し始める、そんなみちのくの春なのだなあ・・・と思いました。

足を踏み入れたことのないところばかり、たくさん見せていただきました。ありがとうございました。
また来年、すてきな桜を眺めることができますように。

tomatoさん、フィナーレを飾ったのに、私、まだもうちょいメモリーに桜があります。
私はしつこくもう1回分・・・かな。
とほほん。

♪naokoさん、こんばんは~
遅くなりました。
朝リコメしてたら、いきなり定期メンテナンスが始まりまして、
今になりました。
角館には、今度は実際にいらして下さい。
桜の頃でなくても、秋も風情があっていいですよ。
今年は、日本海側の方が気温が高かったみたいで、
いつもなら連休中、桜祭りで賑わうのですが、
今年の連休は難しそうですね・・・・
雪山を背景にした桜は、そうないですね。
北国ならではでしょうか。

来年はどんな桜が楽しめるでしょうか。
今から楽しみにして、いいものかどうか・・・・

♪こころさん、こんばんは~
遅くなりました。(理由はnaokoさんと同じです)
桧木内川堤も、ここまで立派とは思いませんでした。
枝垂れ桜とソメイヨシノの並木が、
同時に堪能できて良かったと思います。
それに気に入っていただけて何よりです。
来年はどうなるかなあ・・・・

こころさんの桜フィナーレは、どんなでしょう。
アップ待ってます・・・・

tomatoさん、こんにちは。

バラエティーに富んだ、みちのく”咲くLOVE”シリーズ、どれも堪能させていただきました。
> ちょっといい気になって、桜を追いかけ過ぎました。
いえいえ、ちっとも追っかけ過ぎじゃありませんよー。すばらしい画像と文章、
毎回楽しみでした。
桜(ソメイヨシノ)のパワーは圧巻ですね。強いエネルギーすら感じます。

特に私が印象的だったのは、咲くLOVE”(2)船岡城址公園からみた、一目千本桜です。
眼下の川の両岸にずっと続く桜の列、少し霞んだ遠方の景色、右へ大きく湾曲する流れ・・・
絶景ですね。

> いい気になっているうちに、街はすっかり、若葉色です・・・・
いま青梅街道(四面道~井草八幡付近)の銀杏並木は、若葉が幹をふんわりと覆い、
薄い緑のベールを被っているようです。本当に“若葉色”です。
今度はみちのくの緑、楽しみにしています。

♪toriさん、こんばんは~
お褒めのお言葉いただきありがとうございます。
日本人が桜が好きなのは、
その強いエネルギーに魅せられてのことと思います。
私も、そのエネルギーに吸い寄せられ、
ついふらふらしてしまいましたが、
元気をもらったのも事実です・・・・

そうですね。
私も、一目千本桜を城址から見下ろしたときの感動が、
未だ冷めやりません。

ああ、四面道から井草八幡までの銀杏並木。
そして善福寺から関町一丁目交差点までの欅並木。
まさに若葉の季節ですね。

toriさんに見破られました。
実は今度は、みちのく緑旅をレポートしようとしてました(笑)。
県北にある栗駒高原や鳴子温泉郷はすでに予定に入れています。
はてさて、どんなグリーンレポートになるかしらん・・・・

いつも善福寺公園の日々の出来事ありがとうございます。
鯉のぼりの準備、始ったんですね・・・・

>それでは、また

っていう頃に野暮ですね。
ご無沙汰してしまいました。

素晴らしい!大スペクタクルです! あらためて今日
ずーっと迫力のあるレポート見せていただきました。
ご当地にいる方はご利益で
桜を追いかけていく尊さを
実感できたような気がしています。

みちのくの桜は冬の厳しさを
乗り越えて咲く一段と気高さを
花の温もりに集う人々の姿が
魅力的な絵になっています。
tomatoさんの写真の腕前もたいしたものですね。

ところで会社の方はちゃんと行ってるんでしょうね?
あはは。
冗談です。あはは。ご苦労様です。


♪tarutaruさん、お早うございます。
ご無沙汰で~す。
私も、みちのくにて、
これほどの大スペクタルを堪能できるとは思ってもみませんでした。
こちらの方は、あまり感情をあらわにはされませんが、
厳しい冬を乗り越え(この頃はそうでもないですが)、
南の地で開花したさくらを、今か今かと待つわけですから、
その思いには万感なものがあるのでしょう。

仕事はこのところ休みがちです・・・・

あはは、ってなわけありません。
毎日元気に勤労してますよ。
休みのある日の、自由気ままな一人旅、ってやつです・・・・

満喫しましたー
桜と若葉が一緒になって鮮やかですねー
人々も多く臨場感楽しめました。

♪kikoさん、こんばんは~
満喫いただいてありがとうございました。
自分自身も、ここまでこだわって訪問できれば本望です。
人は結構いましたが、東京の混雑とは、また随分違います。
ほどほどの混雑かと・・・・

本州の桜は、もう終わりかもしれません。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのく”咲くLOVE”-(5)”角館-桧木内川堤”:

« みちのく”咲くLOVE”-(4)”角館-武家屋敷通り” | トップページ | 美味し国 伊達な旅 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブクログ

お薦めの本